ニシムラマホ画集「花の名前」WEB版
見出し画像

ニシムラマホ画集「花の名前」WEB版

花は自分の名前を知らない。
何者なのかわからずに、ただ咲いている。

花は自分の行方を知らない。
目的もわからずに、ただ散っていく。

それでいい。

「自分は何者で、何処から来て、何処へいくのか」人間らしい問いかけと共に意思をもって歩んでいく其々の人生を愛しています。

けれども同時に、何者でなくても、目的がわからなくても、ただ存在の境界に在ることそのものの美しさを、忘れないでいたいと思います。

画像1

花の名前 
2018年制作 アクリルガッシュ・キャンバス 600×200×35mm

2020年10月
ニシムラマホの画集「花の名前」の冊子版を発行しました。
2014~2020年制作の花をテーマにした作品約60点を掲載しています。

画像23

1000円 (A5横型・オフセット印刷・中綴じ・24頁)

※冊子版は個展・イベント会場・取り扱いギャラリーのマルシェコーナー等で販売しています。WEB SHOPより通販も承っております。https://minne.com/@maho-nishimu

こちらのnoteは、その冊子版よりピックアップした作品と追加作品を加えた30点に制作秘話や解説をつけ読み物として再編集しました。
冊子版とあわせてもお楽しみいただける内容です。

この続きをみるには

この続き: 3,193文字 / 画像20枚

ニシムラマホ画集「花の名前」WEB版

ニシムラマホ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【画家・ライブペインター】 抽象と具象、偶然と必然、自己と他者…存在の境界に湧き上がるイメージの連鎖反応から生まれる有機的な世界をテーマに作品を制作。