見出し画像

女性に大人気!店でもネットでも買えない「完熟いちご」の満足フルコース

誰も知らない魅力的な場所が、福島にはある。フードカートと行く「Food Camp!ツアー」の2020年11月15日は、女性に大人気の「おざわ農園」いちごランチツアーでした。

毎年キャンセル待ちとなる「おざわ農園」小沢充博さんのいちごツアー。「完熟いちご」は、福島では知る人ぞ知る絶品いちご。当初ツアーは5月予定で、コロナのため延期になりましたが、無事開催できました。

画像1

いちごのシーズンがまさにこれからという出始めの頃で、「フレッシュな畑といちごの味を感じてほしい」というツアー。一般の方へのシーズン初販売が「フードキャンプ」という贅沢な会となりました。

画像2

まずは、ハウスを見学。次から次へと、形も設備も少し異なるハウスが現れます。親の代から続く古いハウスもありますが、最新鋭のすごいハウスを見学。太陽の光がどんな角度でもいちごが真っ赤に色づくよう、工夫されています。

画像3

画像4

「『積算温度』が600度に達するとおいしくなります」などと、小沢さんの口からは数字の話がよく出てきます。南にあるいちご産地に比べて、福島は太陽の日差しは強くないが、その分ゆっくりと果肉へうまみがたまり、真っ赤な色と共にうまみも凝縮されるそう。

温度や二酸化炭素、日射量などデータも計測管理。科学と人の手のハイブリッドが、おいしさの秘密のようです。

おざわ農園では普段は体験できない「いちご狩り」!
へたが反りかえったものが完熟のサインで、甘くておいしいとのこと。いちごは先っぽが甘いので、へた近くまで赤くなっているのを探します。葉の下にひょっこり隠れていて、かわいい。

画像5

葉っぱは青々と濃い緑色が印象的。
いちごの大きさや形で違いはあるか、青いフレッシュないちごとの味の違いなども体感。

画像6

もう一グループを説明されたこの方は、「弟子」の太田啓詩さん。説明がわかりやすい!

画像7

実は「おざわ農園」のスタッフではありません。以前、このツアーに客として参加し、小沢さんにほれ込んで農園で就業。今年なんと、いちご農家として独立!
フードキャンプ「卒業生」から就農者がいるのは、うれしい驚きです。

いよいよ食事の時間。
扇子やうちわで口を覆い、飛まつ防止に努めながら楽しみます。乾杯!

画像8

シェフは、「旬のべジカフェバル BestTable」料理長の芹沢靖夫シェフ。いちごはデザートの印象が強く、甘みが強くて料理には難易度が高い素材。多国籍料理のシェフらしく、アジアン調味料や寿司など多彩な組み合わせで、お客様を喜ばせました。

画像9

冒頭から目にも鮮やかな一品。「苺のパンコントマテ」。
スペイン料理の一種。小沢さんも大好きなメニューとのこと。

パンコントマテ

次も「えっ?」 この覆いは何??

画像11

「苺と海老のサラダ 2種チーズのアーモンド豆腐ソース」。
春巻きのライスペーパーをくずして食べます。

魚料理は「真鱈のポアレ 赤と青の苺を使ったサルサソース」。
完熟していない酸味あるいちごも加えて、サルサソースで。
フレッシュないちごを使える今だからこそのメニュー。

画像12

メーンは「やわらかく煮込んだ麓山高原豚のパートフィロー包み焼き 苺とバルサミコソース」。

画像13

またまた「えっ?」

画像14

「苺とずわい蟹のちらし寿司風」。
酢飯にいちご!そしてナンプラー、ココナッツミルク!!
芹沢シェフならではの驚きのハーモニーが楽しめる逸品。

デザートは、タワーのような圧巻パフェ!
「苺のブリュレパフェ」。

ブリュレパフェ

畑の見学では「クイズ」がありました(毎年違うプログラムを用意)。
当選者には、貴重な初いちごをプレゼント。
おめでとうございます!

画像16

小沢さんは、フードキャンプに欠かせない生産者の一人。フードカートを購入した当初のころ、小沢さんのお子さんの運動会の打ち上げを、フードカートを使って農園で催しました。
「いつもの農園が人の笑顔で溢れ、『こんな楽しみ方もあるんだ』と気づかされた」といいます。地域イベントにFoodcamp、こんな流れも今度できる?!

会場のハウスは、翌週には苗が並び本来の姿に。このフレッシュな時期だからこそ体験できた宴でした。

初期から応援いただき、小沢さんら生産者と歩んできたフードキャンプ。いちごツアーは3年連続6回目。いつも参加者のほとんどは女性です。
東京では買えない、ネットでも買えない。
日持ちがしない新鮮な「完熟いちご」は、福島の農園で生産者と食べることこそが、最高のごちそうになることを体感した満足ツアーでした。

画像18

「おざわ農園」と「Best Table」のサイト:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!うれしいです!
7
私たち、孫の手トラベルは、タクシー事業を主とする山口タクシーグループから生まれた郡山市の小さな旅行会社です。 畑など自然の中でのアウトドアレストランツアーを実施して、農家やシェフ、福島の魅力と感動体験を伝えています。 https://magonotetravel.co.jp/