電験マガジンの指導要綱
見出し画像

電験マガジンの指導要綱

桜庭裕介/桜庭電機株式会社

2022年に勝負をかける人たちがいる。その人たちと来年、『合格』というゴールを手にしたい。

note株式会社から頂いた「電験マガジン」という場を通じて、電験2種と電験3種の勉強資料、勉強方法、電気エンジニアとしての働き方などを共有する。

2020年は5名が電験2種合格を果たしたが、知識を得る場だけでなく、「共に成長していく仲間」になることができれば幸いである。

新着情報

改訂履歴

2020年9月 創立 
2021年1月28日   勉強を仕事化する仕組み追加
2021年2月4日  失敗確率を下げる話を追加
2021年4月19日   電験マガジンが仕事を得る
2021年6月30日   電験マガジン個別講座(期間限定)実施
2021年7月7日  株式会社化決定
2021年7月8日 電験マガジンのリニューアル
2021年12月12日 電験マガジンの商標登録手続き検討
2021年12月14日 電験マガジンのリニューアル

電験マガジンの目的

電験マガジンでできること

電験マガジンでできる4つのこと
1.最新の攻略情報の閲覧※
2.全勉強資料の閲覧(過去の全資料も含む)
3.月1回程度のメール質問
4.仕事の実体験資料の閲覧
※電験マガジンには300以上の勉強資料を格納。参考書で躓きがちなポイントを多く含んでいるので、活用してみて下さい。

年間計画の立て方

電験3種対策資料

電験2種対策資料

※電験3種対策資料を読んだのち、2種に進んで下さい。

電験マガジンの仕事



卒業生の取り組み

1.目次作り

パッと全体像が分かる目次を作成してくれました。彼は電験2種に合格し、今後独立も視野に入れて動いている優れた方で、彼の動きを自分も楽しみにしています。作成しようとする気持ちがめちゃくちゃ嬉しかったです、忙しい中、ありがとね!!(詳しい作り方を理解していないから、すごく手間がかかっていたら言ってね!)」特許の専門家で良い方を見つけたので、何か世の中に役立てそうなものになったら、すぐ動きます。(特許は「仕組み」「製品」にかけるもの、かつ、人が活用したいと思うものにかけると費用負担が軽減するので、その視点が大事だと考えています。)

2.まとめノート作り

オンラインで勉強しやすいように、もっと演習性を高めたいという思いを持っていたところ、たまたまメールを頂いた彼に勉強がてら、編集、整理、デザインをお願いしました。相当な量があるものの、電験2種合格に必要な要素がふんだんに含まれています。毎日始業時間前にでも「高速で回答し続ける」というのが鍵になりそうです。勿論、電験3種合格にも役立つと思います。

3.電験、エネ管の情報が生で手に入る

彼も電験2種合格しました。yamaさんです。彼が書く試験受験の様子は実に生々しく、非常に役立つと思います。勉強時間が足りない話、試験中の様子など、失敗してからでは遅い話が得られます。彼は新しい海外の仕事を得て、羽ばたいている日本の技術者の一人。今後の成長と活躍がとても楽しみです!!謙虚であり、頑張る心を持っていて、慎重さがありながらも真っすぐと取り組める心が素敵な人です。








電験2種用




■法規科目





修正作業中:違った角度から電験知識を学ぶ

以下はまだ素材です。加工すれば、気が付きにくく、点になりやすいものになりそうです。今後整備予定です。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
2019年2020年の経験を経て、新たな形のオンライン塾。勉強資料を格納している。既存の塾や通信講座や特別講座以上に「基礎知識」「失敗確率を極力減らす方法」が得られる。定期的に届く配信記事をきっかけに問題を解いたり読んだりことで知識のベースアップも狙う。塾や通信講座のメリットに加えて、難化する試験対策を考慮した戦略を共有するマガジン。最近はさらに発展し、資格取得後の先の話を開拓している。

国家資格「電気主任技術者試験(第3種・第2種)」に関する学習の場と書庫。参考書以上をより分かりやすく解説。また、自身が執筆する参考書原稿の…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桜庭裕介/桜庭電機株式会社

頂いたサポートは困っている誰かに使わせて頂いております。下さった気持ちは自分が貰うので、できる限りお返しに参ります!!

好きをありがとう!共に切磋琢磨できると嬉しいです。
桜庭裕介/桜庭電機株式会社
株式会社設立中。専門分野は電気/エネルギー/設計/工程管理。雑誌「新電気」連載、企業講義を経験。参考書出版(2022年10月2冊同時刊行)。学習システムの検証と世の中で実際に仕掛ける仕事情報をマガジンで共有。価値創造できる人材を輩出することで、世の中に貢献する。