%Z(パーセントインピーダンス)を超分かりやすく

2021年4月24日 基準容量換算、合成方法を追記

目的① :%Zの定義を自分なりに説明できるようになる
目的② :%Zの公式を形を変えて、使いこなすことができる
注意点①「変圧器の1次側の話と二次側の話に混乱しない」
注意点②「%Zの公式の変形に惑わされない」
使い方:自身でノートに書き綴ってみて欲しい。自身のテキストと合わせて活用すると、伸びるように設計している。

参考書を作るにあたり、自分の持てる力を総動員し、工夫を詰め込んでいます。過去の勉強資料をレビューアップしました。スマートニュースに掲載された資料も全て削除しました。ここに入れています。

この勉強資料では「%Z」「%インピーダンス」「百分率インピーダンス」をテーマをします。

いきなり公式を覚えようとすると、ツマらないし、半分以上の方が躓いてしまいます。まず、やった方が良いのは「%Zを我々はなぜ使うようになったのか??」という必要性をまず知ること。

そして、この話を理解しようとしたとき、「機械科目の変圧器」の知識が必要になります。具体的には1次側に換算、二次側に換算の話です。ここを飛ばしていると理解に苦しむので、簡単に触れながら話をします。

※図はイラストレーターさんの作業前の物です。完成後に差し替えます。

電験マガジンメンバーには%Z計算、%Zを使う短絡電流計算、地絡電流計算で確実に正解してもらいたいと考えています。多くの人が落とす分野だからこそ、狙い落とします。

なぜ「%Z」の考え方は必要なのか??

続きをみるには

残り 1,413字 / 11画像
2019年2020年の経験を経て、新たな形のオンライン塾。勉強資料を格納している。既存の塾や通信講座や特別講座以上に「基礎知識」「失敗確率を極力減らす方法」が得られる。定期的に届く配信記事をきっかけに問題を解いたり読んだりことで知識のベースアップも狙う。塾や通信講座のメリットに加えて、難化する試験対策を考慮した戦略を共有するマガジン。最近はさらに発展し、資格取得後の先の話を開拓している。

国家資格「電気主任技術者試験(第3種・第2種)」に関する学習の場と書庫。参考書以上をより分かりやすく解説。また、自身が執筆する参考書原稿の…

頂いたサポートは困っている誰かに使わせて頂いております。下さった気持ちは自分が貰うので、できる限りお返しに参ります!!