慌てて死のうとする必要なんてない『ベロニカは死ぬことにした』パウロ・コエーリョ著、江口研一訳を読んで
見出し画像

慌てて死のうとする必要なんてない『ベロニカは死ぬことにした』パウロ・コエーリョ著、江口研一訳を読んで

マシンマン

 結構昔の小説だと思っていたら、98年の作品らしい。と言っても、もう二十年以上前か。

 大量の睡眠薬を飲んで、閉鎖的な精神病院の中で目が覚めたベロニカ。

 そんな中でも看護師のゼドガや、マリー、エドワードなどと出会い、その人たちと接していく。

 精神病院はヴィレッジといわれ、殆どそこで生活をしていて、どこか息苦しさも感じるが、次がどうなってしまうのかが、題名が題名なだけに気になってしまう作品。

 個人的には大学生の若い多感な時に読んでおきたかったと、読み終わって思った。

 題名もそうだけど、精神病院の中ということもあり、色々と考えさせられる作品でもあるかもしれない。

 映画化もされているから、知っている人も多いかもしれない。
 何にせよこの作品については読み始めたら、ぜひ最後まで読み通して欲しい。

 100冊チャレンジ
 9/100

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あざす!
マシンマン
今年2020年(1月10日)に会社を辞めたけど、次の就職先も海外逃避も出来なくなって、始めたバイトも飲食で売り上げ8割ダウンで、なかなか入れなくなったという試練が続く日々。何とか貯金を切り崩しながらの生活。オールドタイプのおっさんが月10万生活しながらここで鬱憤を晴らす。