てづかひとみ

東京都在住。エスノグラファー。第15回Gallopエッセー大賞受賞。宣伝会議編集・ライ…

てづかひとみ

東京都在住。エスノグラファー。第15回Gallopエッセー大賞受賞。宣伝会議編集・ライター養成講座47期修了(最優秀賞)。競馬や推し活に関する記事・エッセー等を執筆しています。 https://1103.horse

マガジン

  • 37.4°-世界は物語で出来ている【since2024】

    • 19本

    プロアマライターたちの記事まとめ【Amazonベストセラー1位獲得作家監修】

記事一覧

固定された記事

競馬場で知り合ったダート1200にめっぽう強いお姉さんの話

 毎週競馬場に通えば、名前も職業も知らない友人が増えていく。パドックで見かければそっと近づいて、あの馬が来るだの来ないだのと話し出す。その中の一人が、ヴィーナス…

143

『’98年11月、きみが生きた未来をさがして - 天皇賞・秋 サイレンススズカ』を寄稿しました

ウェブメディアのウマフリさんのところにてサイレンススズカのお話をかきました! 「あの秋天で、サイレンススズカが生きたまま直線に向かわせるにはどうすればよいかの問…

7

ハタチの最初の土日に

 晴れた冬の東京、2R未勝利戦にて。  パドックの最前でビール片手にウマを見ていると、隣が小学6年生ぐらいの女の子であることに気付いた。身長が高かったので最初はわか…

59
固定された記事

競馬場で知り合ったダート1200にめっぽう強いお姉さんの話

 毎週競馬場に通えば、名前も職業も知らない友人が増えていく。パドックで見かければそっと近づいて、あの馬が来るだの来ないだのと話し出す。その中の一人が、ヴィーナスだった。本名を聞いたこともあるが、私は彼女をヴィーナスと呼ぶのが好きだった。私と同じぐらい、20代半ばを過ぎたぐらいの歳。ヴィーナスはいつもベージュの小さなポシェットに、前日の晩に印を書き込んだ夕刊紙を突っ込んでいた。  ヴィーナスには時折食事に行く間柄で、でもその先には進まない男がいるのだという。 「彼と食事に

『’98年11月、きみが生きた未来をさがして - 天皇賞・秋 サイレンススズカ』を寄稿しました

ウェブメディアのウマフリさんのところにてサイレンススズカのお話をかきました! 「あの秋天で、サイレンススズカが生きたまま直線に向かわせるにはどうすればよいかの問いに真っ向から挑んだところ こうなった」 みたいな話です!(まとめるな) 他のやつもしたの方から飛べます

ハタチの最初の土日に

 晴れた冬の東京、2R未勝利戦にて。  パドックの最前でビール片手にウマを見ていると、隣が小学6年生ぐらいの女の子であることに気付いた。身長が高かったので最初はわからなかったが、視界の隅に入るまるみを帯びた輪郭が子どものそれだった。物珍しさから声をかけてみた。 「馬が好きなの?」 「うん」  少しの無言のあと、 「おねえさんも?」  こんな寒い朝からビールを飲みながらウマを見ている悲しいオネーサンに返事をしてくれたのが嬉しくて、そうだよ、と終えるには勿体無いと思い、 「きみは