本

「積ん読」を「既読」にする方法

 将棋の棋書をたくさん買っている方、「積ん読」になっていませんか? 棋書の読み方は昔から永遠の課題ですよね。私も棋書はそこそこ持っていますが、全て「既読」になっています! 今回は、私の「積ん読」を「既読」にする方法を紹介します。
 と言っても、以下の通りとても簡単です(笑)

1.「これにて、こちら良し」という局面だけ印をつける。
2.1.の中で自分の好きな手順だけ覚える。
3.覚えた手順を実戦で使ってみる
4.知らない手を指されたら、棋書に載っていないか読みなおす。
5.載っていたらその手順を覚える。
以下、3から5を繰り返す。

 この方法のポイントは、「棋書を辞書のように使う」ことです。英語の勉強では、「分からない単語が出てきたら辞書で意味を調べて覚える」ことを繰り返していました。辞書に載っている単語を全て暗記する人はいませんよね。
 私は棋書を辞書のように使っています。皆さんもこの方法で「積ん読」を「既読」にしてみてはいかがでしょうか?


 #将棋 #積ん読 #棋書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 一緒に将棋を楽しみましょう!
将棋が趣味です。 「友達を増やす手」を指して将棋仲間を増やしたいと思っています。 特に大人になってから将棋を始めた級位者さんとたくさん指したいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。