お仕立て代の改正について
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

お仕立て代の改正について

来年2022年1月にお仕立て代とお直し代を改正します。

長く、改正しないまま続けてきましたが
見渡せば海外縫製と変わらない金額になっていることもあり
国内で頑張っている他の職人さんの迷惑にもなりかねない。
また、これからの若い職人さんのためにもならない。
そう思うようになりました。

コロナ禍で、皆さんが大変ななかでの値上げになり
心苦しいのですが、よろしくお願いいたします。

なお、年内ご予約のものは2022年1月納期のものまで
旧料金でお受けいたします。
今現在(2020年5月23日)は
10月いっぱいまで、ご予約が入っています。
お渡しは、11月10日以降になります。

今後は、毎年1月に
お仕立て代・お直し代の見直しをしていこうと思っています。
ひとりであれもこれもとやっているため
様々なところで至らぬことばかり。
お客様にはご迷惑をおかけしていることと思いますが
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お礼申し上げます🙇‍♀️
年内のお仕立てものはいっぱいになりました。 現在ご依頼いただきますと、2022年2月20日以降のお渡しとなり、新料金をいただきます。 2018年東京キモノショーの和裁職人大賞にて三ツ星をいただきました。