わかこ

なりゆきわかこです。 4コマ漫画家兼児童書作家(文章)です。 2020年、衝動的に拙著「かわいいこねこをもらってください」(ポプラ社)の英訳を思い立ち、2022年ようやく完成。その2年間の苦労(先生の)を漫画にしました。

わかこ

なりゆきわかこです。 4コマ漫画家兼児童書作家(文章)です。 2020年、衝動的に拙著「かわいいこねこをもらってください」(ポプラ社)の英訳を思い立ち、2022年ようやく完成。その2年間の苦労(先生の)を漫画にしました。

    マガジン

    • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた

      英語力ゼロの老年が突然始めた自著の翻訳!「How are you」も言えないのに!?でも、何を始めるにしても「遅すぎる」なんてことはないよね。老いも若きも やりたいことは、とりあえず始めちゃいましょう♪ 自画像はかわいくないので猫にしてみました。

      • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた

    最近の記事

    • 固定された記事

    英語力ゼロの66歳が いきなり翻訳を始めてみた。

    いきなり奮い立つ4コマ漫画家兼児童書作家(文章) なりゆきわかこです。 2020年、衝動的に拙著「かわいいこねこをもらってください」(ポプラ社)の英訳を思い立ち、2022年ようやく完成。 その2年間の(先生の)苦労を漫画にしました。 本人がばあさんでかわいくないから、登場人物は猫にしちゃいました。

    スキ
    16
      • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた⑪

        直訳だと微妙に違う・・らしいさてさて「かわいいこねこをもらってください」の英訳もp3へと進みます。 「ちいちゃんは 勇気を出して、ランドセルでカラスを追い払った」 という文ですが わかるわけないので、google翻訳をコピペした私。 すると・・ (こちらのp3参照)↓ 「勇気を出す」をそのまま直訳だと、ニュアンスが違う・・らしい・・。(わからん) この場合は「勇気を奮って」と英訳したいところ!(らしいです) おい、グーグル先生、しっかりしろよ。(やつあたり) まあ、間違い

        スキ
        12
        • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた⑩

          Rは巻き舌と教わったけれど、うまくいかない。LとRの発音は、日本人が苦手ってことで有名ですよね。 昔「Rは舌を巻け」と教わりましたが、それでもうまく言えない・・。 しかも、にゃんこ先生の口を見ると、そんなに巻いてない。 あまり意識せず、「口のどこにも舌がついてなければいい」らしいです。 ああそうか、とうまくいくほど器用じゃない老年にゃんこ・・ そう、最初に「う」を入れると、なんか、「それらしく」なること発見! でも、単語の真ん中や最後につくRは、それじゃだめ。 (そりゃそう

          スキ
          10
          • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた。⑨

            中一の文法も出てこない!はい、今回は翻訳編です。 たどたどしさまっしぐら、でも全くかわいくない老年にゃんこ、 2p目に突入です。 この映像のp2をご覧ください。↓ 主人公は ”ちいちゃん” だから、「chii」と表記しました。 こねこが「ちいちい」と鳴くのを聞いて、「ちい?(だれか)あたしを呼んでる?」と振り向くシーンです。 その「だれか」ですが・・ 日本語では「誰か」でも、 anyoneは「不特定の誰か」 someoneは「特定の(何か特徴を持つ)誰か」 ・・と、書いて

            スキ
            11

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた
            わかこ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた⑧

            Yes, I do. も出てこない!!初級の初の字にも程遠い、老年にゃんこ。 でも、もうDo you…?と聞かれたら Yes, I do. No, I don't. って、言えるもんね。(ここでえばる私って・・😿) でも、負けない。 しぶとさだけが取り柄の老年にゃんこの闘いは続く。 こんなわたしでも、翻訳出来た‥↑ https://amzn.to/3Ruo3F0 こちらもどうぞよろしく。↑

            スキ
            9

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた⑦

            すごく簡単なフレーズなのに、出てこないようやく1ページ目、第一文の翻訳です。 「がっこうのかえりみち。 はやしのなかに ダンボールが あって・・」 主人公ちいちゃんが、すてねこを救い出すシーンです。 (詳しくは拙著を・・出版社との関係でここには文章を出せないのです・・。英文はYoutube(1ページ目)をぜひご覧ください!) "On the way home from school" よし、覚えたぜ!(でもすぐ忘れるけど) こんな風に、亀の歩みで翻訳は進んでいきました。 ほ

            スキ
            7

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた⑥

            いきなり「何か話して」と言われても・・今回は初級英会話編。 にゃんこ先生が何か聞いたけれど、意味が分からなくて、答えられず、悲しいやら恥ずかしいやらで貝になったわたし。 そんなわたしに、笑って会話をうながすにゃんこ先生。 そんな時は 「アイ、キャーント、スピーク イングリッシュ!」 と、涙目で言うのが定番でしょう!(ドヤ顔) すると、にゃんこ先生は「CAN」の発音に突っ込みを入れました。 (切実に話すきっかけほしかったのね・・) よくわかんないけど、オリバーとトムってイメー

            スキ
            13

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた➄

            いよいよタイトルを英訳(おそ!)ようやくタイトル作成! またしてもグーグル先生を頼りにつくってみましたが・・ 「cute」残してあとは玉砕。 でもいいの、考えただけで老年にゃんこにとっては大進歩なのです。 そして・・ 恐怖の初級英会話レッスン込み!そうですよね。もちろん簡単な会話ぐらいできなくちゃ、翻訳作業も滞るってもんです。でもね、いきなり質問されたら、日本語だって動揺しません? しかも"How many" なんて、忘却の彼方ですよ・・

            スキ
            7

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた④

            グーグル先生も覚えなきゃ無駄 世界の味方グーグル翻訳。 その素晴らしさにようやく気付いた老年にゃんこ。 しかし・・覚えられない老年にゃんこ(涙) 道のりは遠い↑

            スキ
            6

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた③

            あたしゃ可愛い小さい魅力的な猫で読書ライト・・と、いきなり発言したわけを語ります。 初日からぶっ飛んだ生徒してしまいました。 でも・・出ないです!英語!!脳みそにないんだから! かろうじて「書く」は「write」だったな・・って思い出したんですが。 それも、後から考えれば過去形にしなければならなかった。 え?でも、writeの過去形ってなんだっけ?? wroteだよ・・中学でやったよね・・。 でも、大昔の引き出しからいきなり引っ張り出すの無理! しかもwriteじゃなく

            スキ
            6

            英語力ゼロの66歳がいきなり翻訳を始めてみた②

            いい年して何かを始めるマンガが流行っているらしい次男に「おかあちゃん、英語始めちゃうから」といったら、「これと同じだね」と教えてくれたのが「海が走るエンドロール」。 65歳のおばあちゃんが旦那さんが亡くなってから、突然美大に入り映画制作に励むお話。イケメンさんあり〼。 でも・・わたしの亭主(お父ちゃん)は元気だし、英会話学校にイケメンはいません・・。(いるかもしれないけど「わかこさん」なんてなついてくれる人はいない) それはさておき、いよいよスクール初日になり・・。

            スキ
            8