ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote

ラブコスメは『愛し合うこと』を応援するブランド。恋愛やカラダの悩み、友人にも聞けないような性に関する悩みや疑問。”セクシャルな悩み”に対して、真面目にセクシャルな情報を発信しています。#セクシャルヘルスケア であらためて考えるきっかけ一緒に見つけませんか?

ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote

ラブコスメは『愛し合うこと』を応援するブランド。恋愛やカラダの悩み、友人にも聞けないような性に関する悩みや疑問。”セクシャルな悩み”に対して、真面目にセクシャルな情報を発信しています。#セクシャルヘルスケア であらためて考えるきっかけ一緒に見つけませんか?

    マガジン

    • 商品開発の舞台裏

      ラブコスメが毎回お届けする、様々な企画の舞台裏をご紹介します。 お客様に、より楽しんでいただくために…ひとつひとつの企画・商品開発の舞台裏には、実はいろいろな“想い”やドラマがあるのです。 「ふむふむ、なるほどねえ~。そんな“想い”があったんだ!」と、読んでいただけたら嬉しいです!

    • ”セクシャルヘルスケアnote”人気記事まとめ

      「どんな記事が多く読まれているの?」 「初めての人におすすめの記事は?」 そんな方に! 商品開発秘話や、企画に込められた想い、 避妊やひとりエッチに関する人気記事を、 まとめました。 記事選びに迷ってしまう方は、 上から順に、読んでみてはいかがでしょうか?

    • 夜の保健室~女性のお悩みまとめ~

      「コンドームの正しい付け方が知りたい」 「避妊の種類ってどのくらいあるの?」 「デリケートゾーンのお手入れ方法とは?」 女性のお悩みについての対策や、セクシャルについての正しい知識を、カテゴリ別にご紹介しています。 正しい知識を習得して、前向きな自分磨きに繋げていきませんか?

    • 商品やサービスに込められた想い

      ラブコスメが開発する数々の商品。実は、その1つ1つに開発スタッフの想いが込められています。販売サイトの商品紹介ページでは紹介しきれない、そんな開発者ならではの想いをまとめています。

    • 私たち『ラブコスメ』について

      世界中の愛し合うことを応援するブランド『ラブコスメ』。そのために、多くの女性の誰にも言えない悩みを解決していきたい!ラブコスメを通じてひとりでも多くのお客様に幸せになっていただきたい。そんなラブコスメのブランドとしての想いをまとめています。 今までひとつひとつ大切にしてきた想いを動画・漫画などで紹介し、『実はそんな“想い”があったんだ!』と、読んでいただけたら嬉しいです。

    最近の記事

    固定された記事

    ラブコスメは『愛し合うこと』を応援するブランド。

    皆さん、こんにちは。ラブコスメです。 これから、noteで私たちの思いや考えてきたことを発信していきたいと思っています。 まず初のnoteでは、私たちの自己紹介をしたいと思います。 1、ラブコスメって?ラブコスメは、『愛し合うこと』を応援するブランド。2003年に日本で初めてセクシャルヘルスケアを提唱し、恋愛やセクシャルなお悩みを解決するサポートをしてきました。 私たちの『セクシャルな悩みを解決する』商品は、自分を「愛する」ことができるようになり、誰かに「愛されたい」と

    スキ
    71
      • ラブコスメ特別企画『オトナホノカ~落ち着きを漂わせて~』

        落ち着いた品、物静かだけど、醸し出る色っぽさ。 立ち居振る舞いも優雅で、うっとりするほど…。 まるで、余裕のある『大人のお姉さん』のような雰囲気。 そんなイメージになってみたい!と思いませんか? でも、実際の自分は幼く見られたり、落ち着きがなかったり。 ときには『大人のお姉さん』のイメージを取り入れると、気持ちもゆったり。出会いや恋愛にも余裕が出て、毎日が優雅に過ごせそう! そんな想いで今回は『オトナホノカ~落ち着きを漂わせて~』を実施。 ラブコスメで以前発売した

        スキ
        1
        • ラブコスメ特別企画 『翻弄チェリー~惑わせたい~』

          チェリー(さくらんぼ)について、調べていたとき、 こんな一説に目がとまりました。 ---------------------------------- チェリー(さくらんぼ)は、可愛い見た目とその美味しさで、 多くの人を魅了する『赤い宝石』と言われている。 ---------------------------------- 実は、さくらんぼは栽培が難しいために、国内で作られる量も少なく高価です。そのため、貴重な宝石にたとえられるようです。 『赤い宝石』 多くの人を魅

          スキ
          2
          • ホワイトムスクで可愛いやきもち

            ちょっとした『やきもち』は女性にとって嬉しいもの。 自分のことを好きだから、パートナーは『やきもち』を焼いてしまう。 ある意味、相手の気持ちを知る手段の1つでもあり、愛情表現とも言えます。 「誰にも取られたくない」 お互いに信頼し合っている関係だとしても、全くやきもちを焼かないよりも、その行動に本心がちらりと見える方がお互いの絆を確認できることも。 そんな『可愛いやきもち』は、2人の関係をさらに深くしてくれます。 普段、信頼しきっているパートナーでも、たまには「放っ

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 商品開発の舞台裏
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote
          • ”セクシャルヘルスケアnote”人気記事まとめ
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote
          • 夜の保健室~女性のお悩みまとめ~
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote
          • 商品やサービスに込められた想い
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote
          • 私たち『ラブコスメ』について
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote
          • 夜の白書~セクシャルなお悩み調査~
            ラブコスメ/セクシャルヘルスケアnote

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            瀬戸内レモンで甘酸っぱい恋

            初夏の訪れを感じる季節。 爽やかな風に包まれて、 外出や旅行が楽しみな時期になってきました。 青空の下、その土地ならではの新鮮で美味しいものを食べる。 隣には大切な人の笑顔。 起きてからラブタイムまで!? ゆっくりと漂うとっておきの時間を2人っきりで楽しむ。 『ああ、次の休日はそんな爽やかな旅をしてみたい!』 …できればあの瀬戸内の、ゆったりした風景に包まれながら!! 「しまなみ海道」や「尾道」が海外の人にまで人気の瀬戸内。 おだやかな海に浮かぶ、美しい島々を巡る心

            スキ
            5

            ブルーローズ ~花言葉は奇跡~

            幻の青いバラ。 ひと昔前まで、 「青いバラなんて存在しない」「不可能」「ありえない」と言われていました。 しかし、15年ほど前、交配技術によってパンジーの色材で誕生した、ブルーローズ。 その歴史は花言葉「存在しない」「不可能」を「夢かなう」「奇跡」に塗り替えるほどでした。 そんな青いバラのエピソードをヒントに、今回はラブコスメのブルーローズの香りを開発。 ラブコスメにはなかった、クールだけど可愛いイメージをブルーローズの香りで表現しました。 この香りを纏うと、今の出

            スキ
            1

            ラブコスメ特別企画 恋は、春摘む~春摘み紅茶は恋の香り~

            春…最初に手摘みされる春摘みの茶葉(ファーストフラッシュ)は、 春らしい新鮮な味と香りがします。 冬に仕込んだ栄養が全て春の茶葉に注がれるためです。  お湯を注ぐと「これが紅茶!?」と思うほどフレッシュ! 紅茶好きの人や専門家の間でも特別な存在。香りに包まれると、幸せな気持ちになれます。年に3回の茶葉の収穫の中で、はじめの季節。春に摘み取る特別な紅茶。 この紅茶の香りを味方にすれば、『新しい恋』が収穫でき『今までにない味わい深い恋愛』に発展できるかも。 そんな想いで

            スキ
            1

            ラブコスメ春の特別企画 『夜桜~あふれ出す、魅力~』

            先日、ある女性との会話で気になったことがありました。 「私は地味で目立たない存在だと思っている…」 見た目は可愛らしく、女性から見ても色気を感じるのですが、 なぜか自分のことを『個性がなく地味』だと思い込んでいました。そして「私なんかに関心を持ってくる男性は、趣味がよくないと思う」とも。 恋愛対象としての自己評価も低い…。 気になったので、別の女性にも、ご自身のイメージを語ってもらいました。 その結果、複数の方が「自分には華がない」「私なんて」と思っていました。 その

            スキ
            4

            ラブコスメ特別企画 恋のヨワネ~前に進むために~

            「どうせ私なんて…」 こう思って、恋に後ろ向きになったことはありませんか? 誰でもヨワネを吐きたいときはあります。 みんな臆病な一面があり、 恋を進めるのに勇気を出せずに先に進めないことも。 「私の恋なんて、うまく行かない…」 ヨワネを吐きたいときは吐いたほうがスッキリします。 そして、吐いたら次に進める!そんな気にもなりませんか? 「ヨワネなんか吐くな」と思うこともありますが、 弱い自分も受け入れて、 前に進めれば、結果オーライ!です。 そこで今回は、 ラブコ

            スキ
            1

            ラブコスメ特別企画 ピンククリスタル・アップル~透き通るような純粋さで~

            透き通るような印象。  ただそこにいるだけで、 吸い込まれそうな魅力を持った女性っていませんか? 理由を考えてみると、こんな魅力があるのでは?と思いました。 ●見た目がみずみずしい ●純粋そうに見える ●可愛いらしさの中に透き通るような雰囲気がある みずみずしく透き通るような可愛さを取り入れて、 放っておけない存在になれれば、好きな人や気になる人が、その魅力に気づいてくれるかも…。 そんな想いから開発したのが『ピンククリスタル・アップル』の香りです。 淡く可愛い

            スキ
            1

            ラブコスメ特別企画 バレンタイン2022 『ついでに私も食べられた!その後は…』

            1年に1回のバレンタインデー。 多くの女性は、気になる人やパートナーにチョコを渡したり、 プレゼントをしたりして、気持ちを伝えます。 「私もついでに食べて欲しいな…」 ただチョコを渡すだけでは物足りない。 願わくば「私もついでに食べられたい!」 普段はちょっぴり恥ずかしくて言えなくても、1年に1回のこの日だけは伝えてもいいかもしれません。 そこで今年は、ラブコスメ特別企画 バレンタイン2022『ついでに私も食べられた!その後は…』を実施。 「私も食べて…」とわざわ

            スキ
            2

            ラブコスメ特別企画 白いちご~こんな白いの初めて~

            『白いちご』は、突然変異からできた貴重ないちご。 いちごは赤い…と思い込んでいたからか、『白いちご』を初めて見た瞬間、ワクワク! 香りを嗅いでみると濃厚で、中には桃のような香りのものも! この『白いちご』を食べた初体験…新鮮でドキドキしました。 …いつでも初めての体験は、ワクワク、ドキドキします。『白いちご』に出会って「こんな白いの初めて…」と思った新鮮な驚きを、いつでも感じられて、ドキドキしてほしい! そんな想いでラブコスメ特別企画『白いちご~こんな白いの初めて~

            スキ
            1

            ラブコスメ特別企画 『ホワイトローズ特集』

            少女のように清楚でありながら、大人の色気も持ち合わせている…。 男性を知らず知らずのうちに翻弄してしまう、魅惑的な女性の特徴として昔からよく『女性には昼の顔と夜の顔がある』と言われてきました。 ■魅惑的な女性の二面性とは? ・普段は純真に見えて、ベッドの中では官能的 ・清楚なのに、セクシーに男性を誘えてしまう ・あどけなく甘えたかと思えば色気で挑発をしてくる そんな二面性のある魅惑的な女性に出会ったら、男性だけでなく女性であっても、思わず翻弄されてしまいそうです。しかし

            スキ
            2

            ラブコスメ特別企画 ホワイトティー ~漂う…落ち着いた官能性~

            年末に、あらためて恋愛シーンでの自分自身を振り返ってみて、思うことがあります。それは、慌ただしかったり、余裕がなかったりして、「優しさ」が足りてなかったかも…と。 パートナーとすれ違いも増え、コミュニケーションが淡泊になったり、 要望を急かしてしまったり。 年末にホッとひと息ついたとき、ふとそんなことを考えます。 もう少し落ち着いた気持ちがコントロールできたら、大切な人にもっと心地よく振舞えて、一緒に心穏やかな時間が過ごせたのでは?と。 優しくて、上品で一緒にいて心地

            スキ
            3

            ラブコスメ福袋2022~もしも、世界の美女が『ラブコスメ』を使っていたとしたら!?~

            いよいよ!今年も、ついにラブコスメ福袋の登場です! 今年のテーマは… ラブコスメ福袋2022 『もしも、世界の美女が『ラブコスメ』を使っていたとしたら!?』 突然ですが、あなたは、魅力的な女性に憧れたことはありませんか? きっと、そんな女性は毎日、何かしら自分を磨いて、工夫しています。そんな風に考えていたとき、 ふと「世界の美女と言われる人は、一体どう工夫していたんだろう…」 と思ってしまいました。 もしかしたら彼女たちも、毎日たゆまぬ自分磨きをして美しさを磨いていた

            スキ
            3

            ラブコスメ特別企画『雪と恋』

            『雪と恋』と聞くと、情緒的なイメージに包まれ、切ない気持ちになります。 手に取るとはかなくみずみずしい想い。 抱き合うと、ゆっくり溶けてお互いの心に想いがしみ込み、溶けたときには心が通じ合い、パートナーのことを手離せない… と思う感覚。 二人の関係がより深くなるようで、なんだか素敵です。 そんな『雪と恋』のイメージのように、好きな人やパートナーともっと通じ合えて、想いがしみ込むような特別な関係が築ければ…。二人だけの時間が長く続き、深い愛を感じられるはず。 そう思って

            スキ
            1