見出し画像

ベトナム-スウェーデン間の連絡方法

会えはしないものの(おそらく)正式にお付き合いを始めたサマちゃんとクボ。

馴れ初めはこちら↓

今回はスウェーデンとベトナムで遠距離恋愛をしている私たちの、連絡の取り方について書いていきます。

連絡ツール

私たちが使ってる主な連絡ツールは2つ、「Facebook Messenger」と「Instagram」です。

メッセンジャーはテキストベースでの連絡とビデオ通話、インスタはストーリーを個人的に送り合っているような感じです。

インスタでストーリーを送るようになったのは付き合い始めてからで、お互い何食べてるとか猫の動画とか旅行先の景色などなど、楽しくシェアし合っています。

連絡ツールとは異なりますが、2~3か月に一度くらいポストカードを送ってます。無機質なコミュニケーションだけだと寂しいので。

連絡頻度

基本常にやり取りはしてますが、返信頻度については時々によりけりです。
クボはメッセージに気づいたら基本すぐ返す派なのですが、サマちゃんは気分屋さんなので丸一日返さないとか平気であります。

でも、アクティブな時はテキストで2時間ぶっ続けで話したりもします。
付き合う前から電話よりテキストでの連絡が多かったので、メッセンジャーで会話する文化が二人の間にできあがっています。笑

イチャイチャ系の会話は基本メッセンジャーです。(電話だとお互い恥ずかしいので笑)

意外かもしれないですが、上記の理由もあり、電話はあまりしません。
週に1回すれば多い方かな。時差のせいでタイミング合わせるのも難しいでというのもあります。

でも最長は7時間くらい電話してたかな…

インスタストーリーについては8:2くらいの割合でクボが送りまくってます。
ストレートには言わないですが、かまってアピールがほとんどです。笑

ストーリーは返信を求めないので送りやすいですよね。

大事だと思うこと

まだ付き合い始めて1年もたたないですが、遠距離カップル間の連絡について大事だと思うのは、お互いのペースを尊重することだと思います。

初めのうちは連絡が返ってくるのが遅いと不安になったりしましたが、別に返信がないからといって嫌われた訳ではないし、好きじゃないという訳でもありません。

ただ彼女には彼女のペースがあるだけで、自分についてもそれは同様です。
自分は早く返事するけど、それも自分のペースなのです。

相手に同じことを求める訳ではなく、お互い返したいタイミングで返せばいいと思っています。
(さすがに3日とか返事ないと焦りますが)

言うは易しですが、これを実践するためには、たくさん話し合うことが何よりも大事です。その辺を語るとまた長くなりそうなので、別に機会に。

最近の不安

向こうからの返事が遅かったり、返事がそっけなかったりすると、つい愛を伝えるようなメッセージを多めに送ってしまいます。

それが相手にとってプレッシャーになってたりしないかなぁというのが、ここ最近感じてる不安です。これも話し合わないとだな。

でも不安なことについて考えだすと止まらなくなるので、意識的にあまり気にしないようにしてます。
気にしないというより、サマちゃんを信じるようにしています。

会えないから、信じる。(早く会いたい)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

逆にスキだわ
5
ベトナム在住のゆとり男子マン。のろけたいがためにnoteを使い始めた不埒者。プロフィール写真はチャム島にいたオシャレなイカ。(たこではない)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。