柴凹川で見つけた小さな滝
見出し画像

柴凹川で見つけた小さな滝

ひで

・・・誰も知らない滝を見つける・・・

最近、機械学習で誰も知らない滝を見つける試みをはじめまして、まずは地元の愛知で検証を行うため、ちょっと行ってきました。

誰も知らない場所で滝を見つけて癒されるってきっと最高ですよね。

なので、ココの地図の場所にドライブしてきました。

この滝を求めて旅をした場所の川の名前が、「柴凹川」という名前で読み方がわからない、、、

画像1

ドライブの途中もこんな感じで、まあまあ山の中なのですが、ついてみると人も住んでいて、田舎暮らしの好きな人なら永住しそうな良い場所でした。

画像2

画像3

山の中なので、ちょうど桜も咲いており、ここら辺一帯はかなり手入れも行き届いていました。

画像5

全国の滝一覧には載っていない小さいかもしれないですが、滝の定義には入るであろう滝です。

画像5

今回で1件目ですが、最初から味のある場所で居心地もよく、滝もあってここに住んでいる人は、いい場所に住んでいるなーって思いました。

次も名もなき滝を探す旅を続けていきたいと思います。

機械学習の進捗はこちらにまとめていきます。
ProtoPedia
CHROCO

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ひで
自分の知りたいをカタチにしたり、自分の欲しいをカタチにするエンジニアマン。自社サービスを作ったり、受託開発をしています。 フルスタックで、自然言語、機械学習、ノビィとか、データ・ドリブンな人です。