CotoGotoを使って試す『ひとり会議』のススメ
見出し画像

CotoGotoを使って試す『ひとり会議』のススメ

最近、気になるワードを見つけた『ひとり会議』なんだかCotoGotoの使い方に当てはまるので調べてみました。

「ひとり会議」とはどんなものか?

頭の中の考え事を整理し、やることをはっきりさせるための“場”です。
目先の「やるべきこと」にまみれて「やりたいこと」に集中できていない方って多いと思うのです。
ひとり会議はひとりで物思いにふける時間ではなく、積極的に自分のことを考えていこうという時間です。
※「ひとり会議」の教科書|山崎拓巳スペシャルインタビュー

「ひとり会議」の効果とは?

今やるべきことがはっきりし、目の前のことに没頭できる。
1日にたくさんのことをこなしながら、時間を有効に利用できる。
抱えている複数の問題が、見える化される。
アイディアや解決法を見つけやすくなる。

「ひとり会議」の簡単な流れ

いま直面している問題をすべて書き出す
それぞれ「どうなればいいか?」と自分に質問する
それぞれ「どうすれば、そうなるか?」と自分に質問する
それぞれの答えをTo Doの形にして、スケジュール帳に書き込む

「ひとり会議」では脳にいい質問を投げかけると効果的!

ひとり会議というのはあるテーマに対し、自分自身に「それがどうなればいいか?」という“いい質問”の形で投げかけてあげる。そうすると自然に答えがわいてくるのです。

「目的はなにか?」
「なにがうまくいっているのか?」
「なにがうまくいっていないのか?」
「だからなにをすべきなのか?」
「これらの質問により手に入れたものはなにか?」

「ひとり会議」をやり終えてから!

1. いつそれをやるのかスケジュール帳に書き込む
2. 書き込んだら忘れる

「ひとり会議」は全部で5種類ある!

1.【テーマ会議】テーマを決めて議論する
2.【問題対策会議】問題が発生したときに解決策を検討する
3.【フリー会議】頭の中に浮かんだことをイイこと、悪いこと何もかも書き出してリフレッシュする
4.【スケジュール会議】スケジュールを把握しておくことで「余裕」が生まれる
5.【情報収集会議】自分の気になったキーワードをメモする会議

「ひとり会議」(問題対策会議編)コトゴトの活用例

実際、ひとり会議をコトゴトを使ってやってみるとこんな感じ。

「そういえば作業のやりすぎかな。」

画像1


「冷たいよね。」

画像2


「こんな感じで今迄の会話を見ることができます。」

画像3

画像4

いかがでしょうか?

CotoGotoを使うとこんな感じで「ひとり会議」が「ふたり会議」になります。
楽しくひとりで作業を進める場合にもCotoGotoはいかがでしょうか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
自分の知りたいをカタチにしたり、自分の欲しいをカタチにするエンジニアマン。自社サービスを作ったり、受託開発をしています。 フルスタックで、自然言語、機械学習、ノビィとか、データ・ドリブンな人です。