3,000万人に配信する「LINE NEWS」朝刊が届くまで、編集部の裏側
見出し画像

3,000万人に配信する「LINE NEWS」朝刊が届くまで、編集部の裏側

LINE NEWS

「LINE」アプリ内でLINE NEWSの公式アカウントを友だち登録していると、「LINE NEWS DIGEST」(以下、ダイジェスト)と呼ばれる、このような通知が届くと思います。

画像6

ここでは、そのダイジェストがどのような過程で皆さんのスマホに届くのかをお伝えします。

-「LINE NEWS DIGEST」とは?-
知っておくべき・話題になっているニュースを朝刊/昼刊/夕刊の1日3回で、アカウントの友だち登録者約3,000万人に配信しています。800を超える媒体から1日あたり約8,000記事を提供していただいており、その中から編集部が毎号8本の記事を厳選してお届けしています。

どのように配信記事を決めているの?

ダイジェストは言わば"LINE NEWS新聞"です。
新聞に一面トップがあるように、LINE NEWSにも一面トップがあります。それが下の画像「トップニュース」に当たる部分です。各並びについて説明すると……

画像6

-ダイジェストの構成-
トップ
:その時間帯で一番伝えるべきニュース
画像枠1:主にスポーツ系の話題
画像枠2:主にエンタメ系の話題
時事枠:国内外の社会/政治/経済ニュース
エンタメ枠:エンタメ系ニュース
話題枠:ネットで話題系ニュース

もちろん、各枠に毎回合致するニュースがある保証はないので、臨機応変に対応しています。いずれも妥当性や公共性を踏まえて、その時間帯の大きな話題が一目でわかるラインナップを心がけています。

このラインナップは当番制で、当日の編成と呼ばれる担当者が決め、編集部メンバーの承認を得た上で配信しています。

-LINE NEWSの運営体制-
LINE NEWSは「編集1チーム(早番)」「編集2チーム(遅番)」「スポーツチーム」が、24時間体制で運用しています。朝刊設定は前日の遅番と当日の早番が共同で、昼刊は早番が、夕刊は遅番が担当します。

時系列で見るダイジェスト設定 -6月18日朝刊編-

ここで6月18日の朝刊を例に、どのようなタイムラインで配信しているかを紹介します。

①21:30 遅番編成が朝刊のラインナップを大まかに決定
②22:00 各カテゴリ担当がチェックし、編成にフィードバック
③22:20 朝刊を調整/確認
④22:30 ラインナップを仮設定、編集部による校正チェック
⑤23:00〜翌6:00 深夜番がチェック/調整
⑥6:00〜7:30  早朝番と早番がチェック/調整、校閲チームによる校閲
⑦8:00 朝刊配信

ざっくりしていますが、このような流れです。

①21:30 遅番編成が朝刊のラインナップを大まかに決定

基本的には、夕刊配信(20:00)以降のニュース(約2,700記事)から、朝刊に載せるべき記事を選んでいます。

画像6

設定日の翌日は6月18日、大阪北部地震から2年を迎える日でした。高槻市の小学校でブロック塀が倒れ、女児が死亡する痛ましい事故が起きたことも記憶に新しいです。学校内のブロック塀は、撤去・改修が進んだ一方で、民有地でのそれは遅れています。LINE NEWSとして、このニュースを一番に知ってもらいたく、編成はトップに設定しました。

また、夕刊配信以降はスポーツ関連の大きな話題がありませんでした。そのため「画像枠1」が、須藤元気議員の離党届提出の記事になっています。

②22:00 各カテゴリ担当がチェックし、編成にフィードバック
ここではラインナップに妥当性があるか、本当に伝えるべきニュースなのかを編成以外のメンバーがチェックしてフィードバックします。

-フィードバック事例-
編集者A「明日18日は都知事選の告示日ですが、朝刊には入れませんか?」
対応:17日の夕刊で「都知事選あす告示 5候補論戦」という内容を入れており、この時点までに進捗がなかったため保留。深夜番に引き継ぎ。

編集者B「エンタメニュースの○○は、15日の放送や16日のブログに対する反響のようです。朝刊に掲載するには古いかも?」
対応:18日の朝刊に、15日放送の話題は時事性に欠けると判断。別記事に差し替え。

LINEには、20人以上からなる専門の校閲チームがあり、LINE NEWSに限らず、livedoor ニュースBLOGOSといった自社メディアの校閲を行っています。校閲チームは、編集部がライティングした部分を全てチェックしており、ダイジェストもその対象となります。さらにはLINE Fukuokaのモニタリングチームが最後の砦として、配信に関わる重大なミスがないかを確認しており、編集、校閲、モニタリングチームの3重のチェック体制を敷いています。

③22:20 朝刊を調整/確認
このような各方面からのフィードバックを集約して、ダイジェストを再度調整します。

画像5

※写真は編集部に設置されているラック。LINE NEWSに配信されている記事はもちろん、テレビや新聞各社の紙面も参考にしながら、判断しています。

④22:30 ラインナップを仮設定、編集部による校正チェック
ここでは、編成以外の編集者4〜5人が校正/校閲しています。②のチェックとも重複しますが、ラインナップ仮設定後にも再度確認します。

-編集者がチェックするポイント-
・記事選定に妥当性があるか
・情報がより盛り込まれた最新の記事であるか
・配信面の記事リンクに問題なく遷移するか
・配信面に誤字脱字はないか
・配信面のリライト(見出し)と記事内容に齟齬はないか
・記事内に誤字脱字はないか
・記事内の外部リンクは適切か

ダイジェスト配信に限らず、確認作業はスマホとPCを使って目視で行うほか、音声読み上げソフトも使います。

💡Tips
Macユーザーは、標準の「スピーチ」機能を使ったテキストの読み上げも可能です。「システム環境設定」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」で設定可能です。読み上げ速度や声も変更可能で、ショートカットキーの設定で簡単に読み上げてくれます。

⑤23:00〜翌6:00 深夜番がチェック/調整
ここから深夜番に引き継ぎ。当然のことながら、深夜にも記事は配信され続けます。深夜番は、LINE NEWSの運用をしながら、朝刊に入れるべき記事がないかもチェックしていきます。

⑥6:00〜7:30  早朝番と早番がチェック/調整、校閲チームによる校閲
6:00になると早朝番が、7:00には早番が出社します。深夜番と同じように配信のギリギリまで朝刊に入れるべきニュースがないかチェックを続け、漏れなどがないか合わせて確認していきます。

ここでも編集者4〜5人が校正/校閲、また校閲者2人が校閲します。加えて、LINE Fukuokaのモニタリングチームが配信に関わる確認を行っています。

画像6

またダイジェストでは、このようにPC/スマホ上で確認するだけではなく、紙に印刷して配信面をチェックしています。

⑦8:00 朝刊配信

画像6

こうしてあらゆる人のチェックや議論を経て、実際に皆さんのスマホに届く、という流れです。

1日3回配信されるダイジェストは、下記URLから友だち追加することで購読いただけます。配信までの背景を知っていただき、ご愛読いただけますと幸いです!

---

なお、ダイジェストのフォーマットは、360以上のメディアにも展開され、それぞれのメディアが配信しています。


👇「LINE NEWS」公式アカウントを友だちに追加https://lin.ee/chNt6wW/lnnw

LINEで更新通知を受け取りたい方はこちら。(※スマホ閲覧時のみ有効)

TwitterFacebookのフォローもよろしくお願いします。

LINE NEWS
主要ニュースからエンタメまで!今ホットな話題がLINEで読める「LINE NEWS」公式のnoteアカウントです。編集に限らず、校閲・企画・データ・デザインなどニュースと検索に関連する幅広い話題をお届けします。 https://note.com/linenews