法律事務所LEACT

法律事務所LEACTの公式noteです。事務所のこと、メンバーのこと、サービスのこと、あれこれ。 代表弁護士:酒井貴徳(第二東京弁護士会) https://www.leact.law/

法律事務所LEACT

法律事務所LEACTの公式noteです。事務所のこと、メンバーのこと、サービスのこと、あれこれ。 代表弁護士:酒井貴徳(第二東京弁護士会) https://www.leact.law/

マガジン

  • TECH

    • 2本

    法律事務所LEACTのエンジニアによるTechまわりあれこれ

  • MEMBER

    法律事務所LEACTのメンバーについて

  • PHILOSOPHY

    法律事務所LEACTをつくるにあたって、代表が考えていること

最近の記事

【寄稿】「個人情報(個人データ)の漏えい等が発生した時の対応方法とは?流出する原因や事例と併せて解説!」

契約学習支援メディア「契約ウォッチ」に、世古修平弁護士の執筆記事「個人情報(個人データ)の漏えい等が発生した時の対応方法とは?流出する原因や事例と併せて解説!」が掲載されました。 執筆者のプロフィールは、以下のページをご覧ください。 寄稿等のご依頼は、以下のフォームよりお問いあわせください。

    • 【寄稿】「Legal Operationsの実践(8)―Organization Optimization & Healthー」

      商事法務ポータルの連載「Legal Operationsの実践」において、酒井貴徳代表弁護士の執筆記事「Legal Operationsの実践(8)―Organization Optimization & Healthー」が掲載されました。商事法務ポータル会員の方(フリー会員を含む)は以下URLより内容をご覧いただけます。 執筆者のプロフィールは、以下のページをご覧ください。 寄稿等のご依頼は、以下のフォームよりお願いいたします。

      • 【Member】弁護士 世古修平

        資格 弁護士(2017年登録・第二東京弁護士会) 経歴 2014年 デロイトトーマツコンサルティング合同会社 入社 2017年 PwCコンサルティング合同会社 2019年 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)試験委員 就任(現任) 2020年 LINE株式会社 入社(現任) 2020年 インハウスハブ東京法律事務所 入所 2021年 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の改訂等のための有識者会議 構成員 就任(現任) 2022年  法律事務所LEACT 入所

        • 【Member】弁護士 荒木峻

          資格 弁護士(2012年登録・東京弁護士会) 職歴 2012年 小出剛司法律事務所 入所 2018年 株式会社コスモスイニシア 入社(現任) 2022年 法律事務所LEACT 入所(現任) 学歴 2007年 東京都立大学法学部 卒業 2009年 中央大学法科大学院法務研究科 修了 ご依頼・ご質問等は、以下のリンクよりお願いいたします。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • TECH
          法律事務所LEACT 他
        • MEMBER
          法律事務所LEACT
        • PHILOSOPHY
          法律事務所LEACT

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【Member】弁護士 酒井貴徳

          資格 弁護士(2010年登録・第二東京弁護士会) ニューヨーク州弁護士(2019年登録) 経歴 2011年 西村あさひ法律事務所に入所 M&Aや一般企業法務、危機管理対応等に従事 2018年 ニューヨークのDebevoise & Plimpton LLPにて勤務 米国でのM&A案件に従事 2019年 ContractS株式会社に入社 シリーズAスタートアップのCEO室室長として、ファイナンス、営業、プロダクトマネジメントなど様々な業務に対応。同社執行役員。

          法律事務所LEACT、noteはじめました。

          こんにちは、法律事務所LEACTです。 私たちは、企業法務に特化した法律事務所です。東京・銀座は歌舞伎座裏にオフィスを構えており、4名の弁護士が所属しています。 4名の弁護士は企業経営や組織内弁護士(インハウスロイヤー)の実務経験を積んでおり、実務に即したアドバイスをクライアントに提供します。 機関法務・事業法務はもちろん、プライバシー・セキュリティ分野の専門的やアドバイス、さらには法務部門の採用・マネジメントなどの組織課題の解決にも取り組みます。 この公式noteは、We