見出し画像

たまには本当にバイリンガル日記。

今月の頭に「バイリンガル日記を始めます」と言ってから毎日noteを書いてはいるものの、全く「日記」っぽくないので、今日は本当にbilingualな日記を。

I announced at the beginning of the month that I would start a bilingual diary, but while I've been writing everyday, it hasn't really been a diary, so today I will actually attempt a diary entry in both languages.

今朝は出張疲れなのか朝起きた時からぼーっとしていたのですが、一歳違いの従姉妹とランチの約束があったので四ツ谷へ。丸ノ内線で四ツ谷駅に着いたところで、早めにお店に着いて「並んどくー」と言ってくれていた従姉妹から「ごめん!つめが甘くて!今日休みだってー」とメッセージ。彼女のオススメのお店は、次回リベンジへ。そんな彼女が大好きさ。

I woke up a little tired this morning from my business trip, but had promised I would meet up with my cousin in Yotsuya today. We were supposed to have lunch, but she arrived at the restaurant early to find they were closed for winter break. "How did I not know this?!" she messaged. "I'm so sorryyyy!"  I love that about her.

東京で美味しいランチオプションは溢れすぎているので全く問題なし。歩いて3分のイタリアンレストランへ。座るなり喋りまくり、一瞬メニューを見てふたりともシェフサラダ、ミネストローネ、パン、紅茶(彼女はカフェオレ)を頼み、すぐにエンドレストークに戻る。

There is no shortage of delicious meals to be had in Tokyo, so we decided on an Italian restaurant nearby. Not even a problem. We sat down and ordered the chef's salad, minestrone soup, bread, and tea (cafe au lait for her), and launched into a rapid-fire session of catch-up. 

ひとつ上の従姉妹とは、子供の頃に遊んだ思い出がある。アメリカに住んでいた私たちは学校の休みになると日本に遊びに来て、夏休みや冬休みは祖父母や従姉妹の家に泊まったりしていた。なので子供の頃の日本の印象は「超暑い」か「超寒い」しかない。素晴らしい桜や紅葉の時期は、大人になるまで見たことも経験したこともなかった。

Though we grew up on opposite sides of the world, I have fond memories of playing with my cousin, who was a girl, and close to me in age. We visited Japan when school in the US was off for the holidays, so summer or winter, generally. My impression of Japan for the longest time was "it's SO HOT" or "it's SO COLD". It wasn't until I was fully grown that I got to experience the cherry blossoms and autumn foliage Japan is famous for.

日本では「親戚づきあい」はそんなに一般的ではないと言う。でもアメリカで育った私と弟たちは近くに従姉妹や叔父・叔母がいなかったため、「親戚関係」に憧れを抱いて育った。アメリカ人の友達はいつもカズンたちと遊んでいて、aunt(叔母さん)とかuncle(叔父さん)としょっちゅう集まってパーティーをしたり、誰かの舞台や卒業式で勢ぞろいしたり、誕生日パーティーやら何パーティーの度に集まっていた。アメリカに親戚がいなかった私はそういう会に呼ばれる度、「my cousin」とか「my aunt」とか言いたいもんだよな〜と思っていた。だから日本に来ると、私たちのほうからどんどん親戚に会いに行く。日本に住んでいる親戚のみんなからしたら、結構面倒くさいヤツらかもしれない。笑

Hanging out with your relatives isn't really a 'thing' here in Japan, but my brothers and I grew up in LA without any close relatives nearby, and it was always a dream to have relatives play big roles in our lives. Our friends were always hanging out with their cousins, their aunts and uncles were always coming to see their school plays and graduations, and they were always going over to each others' houses for someone's birthday. How we longed for that! So when we come to Japan, my brothers and I are extra communicative with our relatives, probably much more than they're used to, or possibly have the time for. 

ひとつ上の従姉妹とは友達のように何でも話せるし、でもやっぱり「おばあちゃんが一緒」とか「お互いの父親(ふたりは兄弟)の話ができる」ことで最強なつながりを感じる。子供の頃から実際には数えられるぐらいしか会えていなくても、同じ歴史を持っている人がいる、祖母の血を引いてちょっと破天荒気味(?)な人生を歩んできてしまった私を理解してもらえる!というのはやっぱりいつでもちょっぴり感動する。

My cousin and I are only a year apart, and we can chat like old friends. At the same time, it feels special to know we share a grandmother (we never knew our grandfather), and that our fathers are brothers. Our grandma led a pretty unconventional life (especially for someone of her generation), and it's a relief to be able to share my also-slightly-crazy life with someone and have them not even flinch because, "Yeah, that's Grandma".

今日の弾丸トークの中で、私がいかに日本が好きか、と同時に、何年住んでもビジター気分は変わらないことが話題に上がる。顔も名前も日本人だし日本語も話すので時々忘れられるけれど、私は絶対に日本の悪いことは言えないし、日本のこういうところは変わったほうがいいなど言えない、お邪魔させてもらっているという気持ちだと話す。彼女は「何でそう感じるのー?」と笑うけれど、アウェイだからこそ「この国すごい」といつも思っている。アメリカのことはボロクソ言うけど。

We talked about how I love Japan but still feel like a visitor, and how I will never speak ill of this country or people, no matter how comfortable I get. She laughed the whole time at my neuroticism, wondering why I feel this way when I know so much about the country. It's just a feeling, I say. I love and respect this country, but know I will never be in a position to put it down. It's not my place. America, on the other hand...

まだまだ話し足りない中で、今日は夜まで仕事が詰まっているため「本当にごめん!」と言いながらお別れする。日本生まれ日本育ちの彼女と、日本生まれアメリカ育ちの私。血は繋がっていて、でも育った環境が違うというだけで大人になってからこれだけ話すことがあるって。幸せなことだなぁと思う。昔は遠くにいすぎて寂しかったけど!

We still had so much to talk about, but I had a full day of work ahead of me, so I had to say, "Sorry, longer next time!" and run. She was born and raised in Japan, and I was born in Japan but raised in the US. That we can come together now, as full grown adults, and have so much to talk about, is frankly quite moving. Even though I wish I had her around during all those lonely childhood years!

親戚、憧れます。親戚、嬉しいです。Relatives are a real gift.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです。
6
ロサンゼルス出身。英語・日本語の文章、翻訳。LA目線の本・カルチャー・アメリカ文化などについてポツポツと書いています。ほぼ日の塾3期生 https://buff.ly/2zNu6wY 本のこと→ https://www.instagram.com/booknerdtokyo/

こちらでもピックアップされています

バイリンガル日記
バイリンガル日記
  • 19本

日々のことを日本語と英語で。残念なことに英語の勉強にはならない気がします...ごめんなさい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。