Miki

English Lab/ doers(ドアーズ) 主宰。完璧さよりも小さな一歩を応援するイングリッシュコーチ。月に星、大江千里さんと藤井風さんが大好き。https://lit.link/doers

Miki

English Lab/ doers(ドアーズ) 主宰。完璧さよりも小さな一歩を応援するイングリッシュコーチ。月に星、大江千里さんと藤井風さんが大好き。https://lit.link/doers

    マガジン

    • language therapy diary 心が整う英語術

      英語を学ぶことが実は感情を整え、本来の自分を見つめる手立てになることに気づいてしまったわたしが綴るコーチングダイアリー&日々の"モヤモヤ”を解き放つワークあれこれ。月3-4回以上更新♪ https://www.englishlabdoers.com/

    • ブルックリンの風 Senri Oe compilation

      • language therapy diary 心が整う英語術

      • ブルックリンの風 Senri Oe compilation

    最近の記事

    ひとつずつーときには語学も数学的にアプローチ?(読むコーチング付)

    キーワードは「分解」 今月最後の更新なのに妙なタイトルをつけちゃいました。 はい、今回はこの“語学”と“数学”という水と油的なアプローチについて書いてみたいと思います。 キーワードは「分解」。   さて。   我がラボでは先日秋の募集をかけさせていただきました。 さまざまな動機があり、最初の一歩を踏み出すべく未知の方々からご連絡を頂きます。   例えばこんなふうに・・・。  

    スキ
    5
      • 先週の今頃は沖縄におりました~✈ 南の島はまだまだ海日和、プール日和。 瀬戸内在住なのに泳げないわたしはまさかの”ビート板”で水と戯れ、周囲のちびっこたちの視線を集める始末💦 旅日記が追い付かずつぶやきで... 海写真などはココにup⇒https://www.instagram.com/mikilt0220/

        スキ
        2
        • あなたのヨロコビの源泉は?ー他人の評価に振り回されないlanguage therapy的ステップのすすめ

          周囲に振り回されているかいないか、さあどっち? いきなりですが、質問です。 これまでの人生ー 「周囲の評価にまったく振り回されていない。」 「誰かと比べたことは一度もない。」 と断言できる方、挙手✋をお願いします~。

          スキ
          6
          • 9月の満月エッセイ、アップされておりまーす。 よければどうぞ♪ https://www.mahinapharmacy.com/magazine/selfcare03/

            スキ
            14

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • language therapy diary 心が整う英語術
            Miki
            ¥300 / 月
          • ブルックリンの風 Senri Oe compilation
            Miki

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            わたしの”千活”♪

            Happy Birthday to Senri san ♪ 去る9/6、想い出の場所神戸で62歳のバースデイを迎えられた千里さん。 ファイナルはファン待望の聖地、関西学院大での開催で、わたしたちは幻の整理番号10番代をプレミアムゲットしていたにも関わらず10年に一回あるかないかの大台風接近とかち合ってしまい待ちわびた夢はかないませんでした。 が、そんなときこそplan B発動。 せっかく平日休みを取ったのだからと気を取り直して地元の温泉宿を確保しライブ配信を楽しむことに。

            スキ
            34

            マインドブロック万歳!-解き放とうとしないから解き放てる?①

            language therapyの根っこ

            スキ
            4

            褒められているのに受け取れない方へ(処方箋つき♪)

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            5

            緑陰読書②-乱読派の読書案内2022夏ver.

            先日のpostの続き。(・・・って時間たちすぎ💦) 全5冊のうち3冊までシェアしていたのですが本日は残り2作品を♪ まずは、 『毛布 あなたをくるんでくれるもの』安達 茉莉子 玄光社 2022 毛布。 この作品の「はじめに」にもあるのですが、著者である安達さんにとっての毛布は「peanuts」でいうところのセキュリティ・ブランケット。 つまり、そばにあると安心できるもの。お守りのように守られているもの。救命道具。そんな象徴。 誰にでも訪れるであろう感情のかけらー愛、か

            スキ
            11

            こんな自分との約束で学びが続く

            今日はいきなりこんな問いから。 「なぜ学びを継続できず挫折してしまう?」 皆さんの答えはどうでしょう? 英語に限らず、スポーツジム通いやお稽古ごとやダイエットや・・・ 自分に課したことをどう続けるか。 その答え、どんな感じでしょう?

            スキ
            5

            緑陰読書-乱読派の読書案内2022夏ver.

            勝手にはじまりました、おすすめ本紹介シリーズ♪  乱読派のわたしが実用本から小説、ノンフィクションなどなど手当たり次第独断で誰かに紹介したい作品をピックアップ。  *今回の推し5選*  ・『草の辞典 -野の花 道の草』森乃おと 雷鳥社  2016  ・『庄野潤三の本  山の上の家』庄野潤三 夏葉社  2018  ・『この道の先に、いつもの赤毛』アン・タイラ― 小川 高義訳                   早川書房 2022  ・『毛布 あなたをくるんでくれるもの』安達

            スキ
            23

            Self-discovery 自己発見でつむぐsmall talkのこんな効用(+夏のフリーセッション30分プレゼント♪)

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            4

            Brain Dump! 脳のゴミ出し完了の巻

             この2カ月くらいというもの、日頃のレッスンとは別にとあるイベントの事務局的なことを一部請け負っていたため実施に向けて一直線だったのですが、直前でやっぱりオンラインね♪ってことになり、この数カ月のトンネルをひとつ抜けることができたので、ようやくほっと一息。やれやれ。  実は調整ごと、マネジメント系は我ながら得意分野なのです。が、、、、好きではない。笑 しばらく離れていたんですけどね。今回はたまたま。  「ああ、あれやらなきゃ、これもまだ・・・」と追われ続ける日々はやはり自

            スキ
            15

            まるでマインドフルネス?ー気づきと共感の力を取り戻す時間

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            6

            きっかけはsmall talk

            7月も後半戦! 今日から月末まで3回シリーズで"こころが伝わる「対話」シリーズ"、ちょっと書いてみたいと思います。 ーとその前に。 このmagazineは「語学学習しながらなぜかこころが解放される。ラクになる。そしてー自分が好きになる。」そんな自身の体験やレッスン受講者の皆さまの実体験などに基づいた気づきを軸に綴っています。 そして、その”英語を学んで得たささやかな自信”を積み上げることで、日々の生活のさまざまなことに応用していただけたらな、とそんな思いからmagazin

            スキ
            7

            肩の力を抜けば抜くほど

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            7

            伝える。のか伝わる。のか

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            7