見出し画像

2019アラゴンGPまとめ その2 ヤマハ&スズキ、アプリリア他[ 2019年9月30日 発行 Vol. 250 ]

コンテンツ目次

【イタたわGPまくら話】
●舌戦バウティスタvsドゥカティ社長、移籍の理由は!?
・ドゥカティ社長「もっと金が欲しかっただけ…」
・バウティスタ反論「ホンダ移籍の理由は…」
・ドゥカティ社長、レディング参入で気を取り直す

【2019アラゴンGPまとめ その2 ヤマハ&スズキ、アプリリア、KTM】
●アラゴン決勝戦を左右した5つの鍵
●ヤマハ

・ロッシは遂に劣化したのか?
・ロッシ、どれが真の実力なのか?
・ロッシの問題は年齢ではなく…
・ロッシとマルケスは似てるし、マルケスとクアルタラローも似てる…
・今回のミシュランタイヤの評価は?
・ヤマハはタイヤ選択に失敗したのか?
・ヴィニャーレスはマシン開発に熱心ではない?
●スズキ
・リンス、またもやチャンスを棒に振る…
・リンス、モルビデッリにしっかり謝る
●アプリリア
・なぜ両選手とも好調だったのか?
・イアンノーネ不満「アレイシとマシンが違う…」
●KTM
・KTM後悔「そもそもの間違いは…」
・エスパルガロ欠場の場合、代役は…?
・ペドロサテストライダー、超高評価

イタたわGPまくら話

皆さん、こんにちは。
前回、毎年9月に開催されるお祭りに行ってきたって書いた管理人のラ・キリコです。

で、この手のお祭りには必ず子供向けに風船屋さんが出るんですが…
昔っから、下のデザインの風船はいつも売られてるんですよ。

画像7

分かりますかね?
とりあえず、モトGPライダーってことで…おそらく、ロッシ選手なんですよ。

いや、まぁ、ゼッケンは『45』になってるんですが…
現在、モトGPクラスに『45』のライダーがいないから問題ないんですかねぇ。

10年ぐらい前までは、きちんとゼッケン『46』で売られてたんですが…
確実に、大人の事情なんでしょう。

一応、赤と青があるんで、おそらく、ヤマハ版とドゥカティ版ってことなんだと思います。

おっと、そろそろ『モトGPこぼれ話』のお時間ですね!
実は今回のSBKマニクール戦の最中、アルヴァロ・バウティスタ選手とドゥカティ社長が舌戦を繰り広げてまして…

え~と…その…
ホンダ移籍の理由について、互いのせいにし合っていると言いますか…
最後は本物のゼッケン『45』
現在、BSBで大活躍のドゥカティライダーことスコット・レディング選手も参戦しておりました。

まぁ、どうぞ、どうぞ。

舌戦バウティスタvsドゥカティ社長、移籍の理由は!?

・ドゥカティ社長「もっと金が欲しかっただけ…」
今年の7月中旬ぐらいから噂されていたアルヴァロ・バウティスタ選手のホンダ移籍が、2ヶ月経った先日、やっと正式発表となりました。

(無料こぼれ話:アルヴァロ・バウティスタ、来年のシートは?

(ブログ関連記事:ホンダ公表、2020年SBKはアルバロ・バウティスタ

ホンダからの発表には、ノムラ・ヨシシゲ氏(ホンダHRC社長、野村欣滋)のコメントしか載ってなかったんで…

某イタリアサイトなんかは、
《バウティスタ本人は今シーズン、まだドゥカティから参戦中だから配慮してコメントを出さないんだろう》って書いていたんですが…

その後、バウティスタ選手ったら、TVやモトGPサイトなんかのインタビューでけっこう本音を話し始めちゃって…

(ブログ関連記事:バウティスタ、既に気持ちはホンダへ『来年のことを思うと嬉しくって嬉しくって!』

遂には、「ドゥカティの方に引き留める気が本当にあったのなら、そのまま残留していた」…なんて暴露までしてしまったんです。

(ブログ関連記事:バウティスタ『裏切ったわけじゃない…残留を望まなかったのはドゥカティの方だ』

ちなみに、その暴露コメントって、SBKマニクールラウンドの木曜会見(9/26)でのインタビューでしたんですよ。

で、当然、ドゥカティも黙ってはいません。
すぐにクラウディオ・ドメニカーリ社長が9月27日(金)、こんなTweetを出しました。

《この写真の日から、あの素晴らしい連勝が始まったのだけどねぇ。
いまやバウバウは金のためではなく、うちががスコット(レディング)を取ることにしたから『ホンダ移籍を決めた』なんてことを言っている。
うちは2年で7桁まで出すと言ったのに、それを断ったのは彼だろうに。もっと欲しかった…それだけの話でしょ。
人生は選択の連続と言うわけだ。》

7桁ってことは、おそらく100万ユーロ(約1億1800万円)…
つまり、1年につき5900万円の2年契約と言うことですね。

バウティスタ選手の今年の契約金は30万ユーロ(約3550万円)と言われてるんで、約1.7倍の昇給か…
やっとチームメイトのチャズ・デイヴィス選手と並んだってぐらいですかねぇ。

・バウティスタ反論「ホンダ移籍の理由は…」
で、このドメニカーリ社長のTweetに対し、早速、27日の金曜FP終了後にバウティスタ選手がこう答えておりました。

「あの書き込みは読みましたよ…なかなか面白いんじゃないんですか!僕の方はノーコメントにしておきますけどね。」

画像8

と言いつつ…
問われるままに、バウティスタ選手、こんなことまで話してるんです。

【ドゥカティであれだけ連勝して、来年、ホンダに移籍するなんて『頭がイカれてる』とまで言う者もいるようだが…】
「『頭がイカれてる』から、僕はこう言う風にしたんですよ(笑)!
今のチームには満足してるし、本当に居心地が良いです。これまで僕は常にベストを尽くしてきたし、ホンダでも同じように頑張るつもりです。
今シーズン同様の戦闘力を出せるよう頑張りますよ。」

【金銭的な面も大きかった?】
「誰の気分も害さずに説明するのは大変なんですが…金銭的な面を重視して決めたわけではありません。
すべてを天秤にかけ、自分のために何がベストなのかを考えねばなりませんからね。
とにかく、今シーズン末まではドゥカティの選手なわけだから、詳しい話は来年まで待ってもらうことになりますけどね。」

【新しい『ホンダCBR』機は見た?】
「ネットに出ていた写真を見ただけですが、あれは本物じゃないんじゃないのかなぁ(笑)。
最初の冬季テストから試乗できる予定ですよ。ドゥカティから許可を貰ってるんで。」

・ドゥカティ社長、レディング参入で気を取り直す
ちなみにですね…
上のドメニカーリ社長のTweetを、SNS好きのレディング選手が見逃すはずもなく…
早速、こんな書き込みをしてました。

《僕はとにかく勝ちたいだけだから。それ以外は取るに足らないことなんで。》

で、それに対するドメニカーリ社長のリプはこちら。

《スコット、君はドゥカティができることの全てを使えるからね。開発には全力が注がれるから。
うちは勝ちたいだけ…それ以外は取るに足らないことだ!うちのSBKロケットに乗る君の姿を見るのが楽しみだよ!》

んで、こんなゴタゴタが起きてた一方で…
今年のSBKはシーズン前半にバウティスタ選手が大活躍するも、最終的にはカワサキのジョナサン・レイ選手が5年連続でタイトルを獲得…

まぁ、来年はどうなるでしょうかね!

おっと、そろそろ本題【アラゴンGPまとめ その2】に行きますか!
今回はヤマハからスズキ、アプリリア、KTMまでずらりと並べてみました。

ロッシ選手の現在の実力はどんなもんなのか?とか…
今回のミシュランタイヤはどうだったのか?とか…
ヴィニャーレス選手はマシン開発にやる気がないのか?とか…
KTMは大丈夫なのか?とか…

とにかく、どうぞ。

この続きをみるには

この続き:14,188文字/画像29枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の有料記事を月刊で販売しています。 【2019年9月号】は300円です!

または、記事単体で購入する

2019アラゴンGPまとめ その2 ヤマハ&スズキ、アプリリア他[ 2019年9月30日 発行 Vol. 250 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
モトGPブログ『イタたわGP』の La Chirico(ラ・キリコ)が発行するウェブマガジンです。ブログ記事の掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂などをご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。