新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#コミュフェス でラブソルが挑んだこと LA BOUSSOLE Journal 号外! 11/28&29号 @yuka_lab12

#ラブソル

おはようございます! 

ラブソル代表の由香です。

毎週末に公開している、弊社ラブソルの週報「LA BOUSSOLE Journal」!
今週末は、コミュニティ運営のプラットフォームとしてお世話になっているCAMPFIRE Communityさんのお祭り"CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL"のため、稼働しまくりのラブソルでした。
そのため、11月28日(土)・29(日)の二日間だけの日報を「号外」としてお届けします!

"CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL" 通称 #コミュフェス は、コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」のオーナー同士やメンバー同士の交流を目的としたイベントです。
二回目にして、Covid-19の影響もあってオンライン開催となった今年、ラブソルは協賛企業として参加することになりました。

実はラブソル、CAMPFIRE Communityさんにはお世話になりまくりです。
弊社のアカウントで5つのコミュニティを運営しているのです。
ここにないもう一つは、専用アカウントで開設しているDomaniオンラインサロンです。

この度のコミュフェスでは、ラブソルは以下を担当しました!

・公式スタッフTシャツ制作
・指定イベントのビジュアルレポート(当日、もしくは翌日公開)
・指定イベントのリアルタイムレポート
・指定イベントのイベントレポート(後日公開)
・一部ゲスト調整、アテンド
・登壇(星乃あんりさんのコミュニティAnri's Beauty Campのコーナーでモデレーター)


ラブソルは、「文化を伝える会社」です


たくさんのコミュニティでお世話になっているCAMPFIREさんのフェスで伝えるお仕事ができることは、とてもとても幸せなことです。始まる前から、打ち合わせしたり、準備したりと楽しい時間を過ごしてきました。

デザイン事業部のほのかは、コミュニティのお祭りを表現したイベントのイメージボードを作成しました! 新しいタッチに挑戦して、期待を上回るアウトプットをしてくれました。

さて、早速、コミュフェス本祭の二日間を追っていきましょう!

ー11/28(Sat.)

朝から、渋谷の配信会場に徐々に集まるラブソルメンバー。電源も豊富なお部屋をいただけて、ありがたい限りです。
お水やお菓子も、お昼にはお弁当も用意してくださるCAMPFIREさん…、ありがとうございます!

ビジュアルレポートの作成にあたっては、事前に登壇者の方の情報、お話しする内容などをいただき、ある程度イラストを描いておきます。
当日は、実際にお話しされる内容を聞きながらテキスト化するメンバーと、ビジュアルレポートを描くメンバー、そして、ディレクションするメンバーがチームになって制作していきます。

(iPadとApplePencilは、ビジレポ隊必携のアイテムです!)

ビジュアルレポートの一発目は、なんと今回がビジレポ初挑戦! のラブソルインターンめぐが担当。火曜日の全体ミーティングでいきなり指名され、どきどきしながら準備を進めてきました。

テキストは、私、由香が担当。

ディレクターは代表実加。細かくフィードバックを受けながら、手直しを重ねます。完成後はCAMPFIREさんと、登壇者さんにファクトチェックをしていただき…公開! したものがこちら!

一つ公開してほっとするのも束の間、イベントはどんどん続いていきます。
イベントによっては、ビジュアルレポートと、後日公開するイベントレポートの両方制作するものもあります。

その場合、テキストはレポート記事作成担当がそのまま担当します。

こちらのビジュアルレポートは、岡山からデザイン事業部のほのかが担当。事前の情報がほとんどない場合は、いかに当日に集中して内容を掴むか、がポイントになってきます。
イベントレポートは、来月公開予定です!

続いては、私がモデレーターとして登壇するイベントです。
元タカラジェンヌの星乃あんりさんのコミュニティ"Anri's Beauty Camp"について、お話ししていただきました。
こちらは、ゲストアサインも担当しており、コミュフェスに参加いただく方にとって楽しんでもらえるような内容を考え、50分のトークを構成しました。

あんりさんが到着し、ささっと打ち合わせ。オンラインでも詳しい打ち合わせはしていませんが、日頃の信頼関係があればこそです…!

後日公開予定のイベントレポートは、ロンドンから、ラブソルインターンシオンが担当します。
ビジュアルレポートは、Anri's Beauty Campのコミュニティマネージャーを務めるデザイン事業部のでらみが制作しました!

Communityでオンラインサロンを開設し、現在ではnoteに移管しています。
初めてのコミュフェスの時に開催したワークショップが好評で、今回も開催することになりました。

私は櫻田さんのマネージャーもしている関係で、調整とアテンドを担当しました。が…、なぜか壇上でサポートすることに(笑)

弊社でも取り組んでいるビジュアルレポートの入門編として、後半は手を動かして人を描いてみたり、構成の大事さを学びました。

登壇後は、ビジュアルレポートに取り組み始めたばかりのめぐが質問をさせてもらったり、来月に予定している櫻田さんによるラブソル社内研修についてお話ししたりと、楽しい時間を過ごすことができました!

続いては、青山ブックセンターさんのコミュニティのコーナーです。こちらは、ビジュアルレポートを遠隔でほのかが担当、イベントレポートは後日公開分をさよが担当します。

そして、本祭1日目の最後のコーナーは、箕輪編集室!
実はラブソルメンバーは、全員箕輪編集室で様々な経験を積んできたという経緯があり…、箕輪さんのトークを記事化するのは過去何度もやってきました。
しかし、この回はコミュフェスで唯一のリアルタイムで公開するレポートです。緊張感半端ないです。

リアルタイムレポートは、文字通り、トークの進行と合わせてリアルタイムに記事を書いていきます。記事中に使用する写真も、バナーも、同時に用意していきます。

記事の執筆はさよが担当、真剣に耳を傾けて指を動かしていきます。構成については、ちょこちょこと他のメンバーと言葉をかわしながら決めます。
サポートメンバーがイベントの様子を撮影したり、配信画面のスクリーンショットを撮ります。

さらに私とでらみは、バナー写真を選定。今回は外部の方が過去に撮影した写真を使用することにしたので、許可取りもその場で行います。
バナーに入れる文言も、イベントを聞きながら決めます。決まると、でらみの集中タイム。一気にバナーデザインを進めます。

さよの執筆を追いかけるように、菅井くんが文言を調整したり、公開予定の媒体であるnoteにクレジットを入れておいたりと、細かい準備を進めてくれています。
原稿が完成すると、お次は編集タイム。普段は、Googleドキュメントにコメントを入れる形で編集するのですが、リアルタイムレポートでは時間がないので、さよが原稿を開き、私が横で読みながら口頭で編集を入れたものを入力していくスタイルです。

すべてを流し込み、チェックに出し、OKが出たら公開!
イベント終了後、30分から一時間以内には公開したいと思っていますが、そこを目指してチームで挑むのがたまりません。

こちらで、この日のイベントはすべて終了です。
チームだから、チームでないとできないことばかり。一丸となってやり抜きましたー!

ー11/29(Sun.)

本祭二日目、同じように午前中から配信会場に集結です。
ビジュアルレポートを3本、イベントレポートは2本制作予定です。

ビジュアルレポートの一本目は、つんく♂エンタメ♪サロンさんのトークセッションです。
テキスター菅井くんと、ビジュアルレポート担当のでらみのコンビで挑んでいます。

公開されたビジュアルレポートはこちらです!

間の時間も、他のメンバーは昨日のイベントレポートの執筆を進めています。実加は、記事用の写真を撮ったりも。
あ、あとしっかりランチもしています♡

『英語日記BOY』 著者 新井リオ氏と宇宙テーブルの芦沢ムネト氏のお二人のトークセッションは、めぐがビジュアルレポート、さよがイベントレポートを担当します。


真剣に挑む二人。

実はこのあと、めぐはビジュアルレポート作成に苦しむことに…。
対談の内容はものすごく楽しくて、わくわく聞いていたんだそうです。しかし、それをビジュアルに起こすところで手が止まってしまったようです。
めぐにとっては初挑戦ですから、無理からぬこと。でらみをはじめとするラブソルメンバーの励ましとアドバイスで、なんとか筆を進めます…。

「もう描けない」

絶望的な気持ちになったとしても、これはお仕事であり、逃げることはできません。正直、きっとそんな思いは何度もしてきたであろう、たくさんの場数を踏んできたでらみのサポートで、ビジュアルレポートは無事に公開されました!

そして、最後のビジュアルレポートは、岡山からほのかが担当!
私たちラブソルが大変お世話になった、箕輪編集室の箕輪さんと、PLANETS CLUBの宇野さんとの対談です。

テキストのサポートは、菅井くんが担当。遠隔でも見事に連携して作り上げるこの力は、日頃の密なコミュニケーションあってこそです。

以上で、ラブソルが担当するイベントは終了しましたが、このあとテキストレポートが何本か年内に公開されていく予定です。
メディア事業部、まだまだここからです!

コミュフェス本祭の二日間、CAMPFIREのみなさま、配信担当されていたやわラボのみなさまにはとてもお世話になりました。
気持ちよく取り組める環境で、みなさんとも連携をしながら進めていくお仕事は本当に楽しく、貴重な経験でした。

この後公開されるレポートも、どうぞよろしくお願いします!!

***

▶︎SNS...Twitter / note

<ラブソルへのお仕事依頼についてはこちら>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!