見出し画像

共同研究の成果をまとめたホワイトペーパー「チームワーク研究から見えてきた、業績アップにつながるビジネスチャットの使い方」を公開

早稲田大学商学部 村瀬俊朗研究室、レバレジーズメディカルケア株式会社と実施した共同学術研究の結果をまとめた、ホワイトペーパーを公開します。
組織の業績を高めるために有効な、ビジネスチャットの使い方をご覧いただけます。

https://laboratik.com/contact/paper

スクリーンショット 2020-08-09 17.13.49

Laboratikは、2020年8月19日に、早稲田大学 村瀬俊朗研究室とレバレジーズメディカルケア株式会社と共に、チャットデータと業績の相関についての共同研究を実施し、その成果をまとめたホワイトペーパー「チームワーク研究から見えてきた業績アップにつながるビジネスチャットの使い方」を2020年8月19日に公開しました。

リモートワークが普及し、社内のメンバーが直接顔を合わせず、メールの代わりに ビジネスチャットを介して業務をおこなう企業が増えています。 その中でのコミュニケーションがチームの業績や生産性に少なからず影響を与えることがこのたび確認できました。

本ホワイトペーパーは、2020年6月7〜8日にオンライン開催された組織学会(経営学を中心に学術的視点で組織に関する学問を扱う、1959年設立の学術団体)で発表した内容を元にしています。

▼ホワイトペーパー「チームワーク研究から見えてきた業績アップにつながるビジネスチャットの使い方」の無料ダウンロードはこちらから

https://laboratik.com/contact/paper

資料内容

全21ページ
Part 1 分析から見えてきた結果
Part 2 研究結果から導き出せるビジネスチャットの “本当に有効な”使い方
Part 3 チームの生産性をさらに加速させる “We. for Remote Work”

例えば、こんな質問の答えが見つかります。
・業績が高いチームのリーダーに共通するチャットの使い方の特徴は?
・業績を高めるために、チームのメンバーが心がけるべきことは?
・業績が高いチームのコミュニケーション環境ってどんなもの?

資料一部

スクリーンショット 2020-08-09 16.17.50

スクリーンショット 2020-08-09 16.18.22

Laboratik株式会社について

ミッション:
「働く」に、本当の自由を。
チームワークから場所・時間・所属の制約を無くし、世界中の「働く」を、本当の意味で自由にする。

業務:
自然言語処理技術を通じて、社内のチャット会話から組織内の関係性や感情などのエンゲージメントをリアルタイム解析する「We.」と、離れて働くチームの「雰囲気」がSlack解析と簡単なアンケートですぐに分かる「We. for Remote Work(WfR)の開発・提供、及び組織コンサルティング

https://laboratik.com
*2020年7月にコーポレートサイトをリニューアルしました

本件に関するお問い合わせ先:
企業名:Laboratik株式会社
担当:Laboratik株式会社 コーポレートコミュニケーション
https://laboratik.com/contact



おお、ありがとうございます!
4
『「働く」に、本当の自由を。』というミッションのもと、チームのエンゲージメントを改善するツール「We.」を開発しているLaboratikの公式アカウントです。「働く」ことに関する最新事例やトレンド情報を発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。