見出し画像

Laboratikより一年の御礼と年末年始休業日のお知らせ

Laboratik×早稲田大学商学部村瀬俊朗研究室×レバレジーズメディカルケア株式会社
共同学術研究の結果をまとめたホワイトペーパーを公開しています。

こんにちは、Laboratikバックオフィス担当、加藤です。
激動の2020年が終わりを迎えます。この1年を皆様に支えられ、大変お世話になりながら駆け抜けることができましたこと、Laboratik社員一同、厚く御礼申し上げます。

New-Normal時代の火蓋が急に切られ、働き方もプライベートも根本から常識を覆された1年でした。
働き方の多様化は今後もさらに細分化し、リモートワーク(テレワーク)を導入したハイブリッド型勤務や、メールの代わりにビジネスチャットを活用するコミュニケーションが、ますます定着していくことでしょう。

働き方の多様化は、「会って直接会話する」機会を奪い、コミュニケーション不足を生み出しましたが、その一方で、「会えないことを補う膨大なやりとり」を、ビジネスチャット上に発生させています。
ビジネスチャットでのコミュニケーションの重要さは、皆様も既に実感していらっしゃることと思いますし、このやりとりが、チームの業績や生産性に影響を与えていることも既に研究され、論じられている観点です。


今年を振り返るこの機会に、業務を遂行する上での社内コミュニケーションの重要性や、今後の社内コミュニケーションの要となるビジネスチャットとの関わり方についても今一度ご確認頂きたく、
ホワイトペーパー「チームワーク研究から見えてきた業績アップにつながるビジネスチャットの使い方」
を再度ご案内させて頂きますので、是非ご覧ください。

ビジネスチャットを制し、社内コミュニケーションを円滑に導く皆様の、さらなる飛躍をお祈り申し上げます。

▼ホワイトペーパー「チームワーク研究から見えてきた業績アップにつながるビジネスチャットの使い方」
無料ダウンロードはこちらから

本ホワイトペーパーは、Laboratik、早稲田大学村瀬俊朗研究室、レバレジーズメディカルケア株式会社で実施した、「チャットデータと業績の相関」についての共同研究の成果をまとめたものです。
2020年6月7・8日にオンライン開催された組織学会(経営学を中心に学術的視点で組織に関する学問を扱う1959年設立の学術団体)で発表した内容を元に作成し、2020年8月より公開しています。

資料内容
全21ページ
Part 1 分析から見えてきた結果
Part 2 研究結果から導き出せるビジネスチャットの “本当に有効な”使い方
Part 3 チームの生産性をさらに加速させる “We. for Remote Work”

例えば、こんな質問の答えが見つかります。
・業績が高いチームのリーダーに共通するチャットの使い方の特徴は?
・業績を高めるために、チームのメンバーが心がけるべきことは?
・業績が高いチームのコミュニケーション環境ってどんなもの?

Laboratik_Whitepaper_V01_00_目次


Laboratikは、自らの仕事や生活のスタイルをデザインし『「働く」に、本当の自由を。』を体現する実験集団です。

社員全員が集まるオフィスをもたず社員間で時差も考慮して働く、完全フルリモート勤務の弊社は、全ての社員が「デジタルコミュニケーションを通じて、場所や時間の制約を乗り越え業務を完結させていくスキル」を持つデジタルワークの専門家です。

弊社の働き方をご紹介した過去記事

社内コミュニケーションの全てをSlackに集約させ、自社開発ソフト『We. for Remote Work』『We.』によるSlack解析を行い、日々の円滑な業務の指針としています。

『We. for Remote Work』サービスサイト


ビジネスチャット上に集約されたデータを解析し、社内コミュニケーションを可視化することで、その先に開ける弊社ミッション『「働く」に、本当の自由を。』を実現していきます。

スタートアップであること、そしてリモートワークであることを強みに、これからも業務、そして製品開発に邁進していきます。
来年は、さらに会社としても成長していきたく、より一層のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


尚、Laboratikは本日12月25日(金)を年内最終営業日、新年は1月4日(月)から営業開始とさせて頂きます。

年末年始休業期間:2020年12月26日(土)~2021年1月3日(日)

おお、ありがとうございます!
15
『「働く」に、本当の自由を。』というミッションのもと、チームのエンゲージメントを改善するツール「We. for Remote Work」を開発しているLaboratikの公式アカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。