Tomochika

2021/6〜新しい働き方LAB研究員第1期生。 都内在住。兼業WEBライター(*´∀`*) https://hello-curry.tokyo/ ◀コチラもよろしければ、ぜひ😃

Tomochika

2021/6〜新しい働き方LAB研究員第1期生。 都内在住。兼業WEBライター(*´∀`*) https://hello-curry.tokyo/ ◀コチラもよろしければ、ぜひ😃

    マガジン

    • 自由律俳句_2022

      右も左もわからないまま、はじめました。 「私もやってみたい!」ただその気持だけ。

    最近の記事

    • 固定された記事

    【ポートフォリオ】兼業ライター・TOMOCHIKA

    はじめまして、TOMOCHIKAです。 都内のコールセンターで夜勤に従事しながら、Webライターとして活動しております。 その他に不定期ですが、新宿・ゴールデン街のお店に立っています。 そんな私の経歴などをポートフォリオにまとめました。 2022/12/29 UP ※随時更新予定 ・プロフィール 名前:TOMOCHIKA 1975年生まれ 居住地:東京都 兼業ライター ・経歴・経験 1993年 高校卒業。 1年の浪人生活の間に学費捻出のため、アルバイトに明け暮れる。

      • 『Canva Pro』をオススメする理由

        無料版をずっと利用してきた私が『Canva Pro』に切り替え、「もっと早く切り替えておけばよかった!」と強く感じたので、今回はそのあたりを詳しくお伝えします。 2023.2.1 更新 「無料版でも充分じゃない?」 そんなあなたにこそ、この記事を読んでいただきたいです。 Canva Proに切り替えたことで作業効率もグンとアップし、ストレスフリーなデザインライフを一緒に楽しみましょう。 【Canva Proサービス概要】 ※以下、公式サイトより抜粋 ・料金 12,00

        • #自由律俳句_020

          最後の悪あがきがトドメをさす 2023/1/22 FP3級試験(学科)にて あまった時間で自身の回答を見直し、迷ったあげくに回答を修正。 当日夜の解答速報を見ながら、自己採点。 ゔ…修正の必要はなかった…。5箇所修正して、見事にすべて裏目に出てる。 おかげで不合格。この5箇所が最初のままなら7割正答で余裕を持って合格でした。 非常に悔しい。 ですが。 迷うということは、その部分の知識が曖昧だったということ。 つまりは、勉強不足。次回、必ずリベンジします。 せっかく実技

          • #自由律俳句_019

            主を失ったギターの啼声がひびく 香港から来た青年が言いました。 「このギター、すごくいい声しているよ」 はい。知ってます。そのギター、本当にいつもすてきでした。 主を失ってしばらく経つけど、久しぶりにきみの声が聴けて良かったよ。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 自由律俳句_2022
            Tomochika

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            #自由律俳句_018

            そんな鼻はへし折ってやれ 「ほんのひとかけらの「やさしさ」をケチる大人にはなってくれるなよ。」 死んだ、おじいの言葉。 「他人の悪意は気にしない。 今、私に向けているその悪意は必ず自分に跳ね返りますよ。」 昔、友人が意地悪してくる先輩に返した言葉。 今日は昔のことばかり思い出す。寒波のせいかな? ※真冬に突入したので、遅ればせながら「初冬の」は外しました。

            初冬の #自由律俳句_017

            【寒いねって言いながら もう5cmあなたの方へ】 ▶本当に今夜は寒いね。こんな寒い日を思い浮かべながら。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_016

            【好きといわないあなたをずっと待っている】 ▶待つのは意外と嫌いじゃないよ。待っている時間もまた素敵なんじゃないかなぁ。 ずっと待ち続けるのは、また別の問題だよね。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_015

            【荷解きをして ほっとひと息】 ▶とりあえず、ひと段落。 買い物帰り、旅帰り、その他にも「肩の荷が下りた」的な場面でも。 そういう「ほっとする瞬間」って意外と大事ですよね。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_014

            【ひとり寝のさびしさ 夜ごとつのる】 ▶冬になるとますますそう思います。 勝手気ままな暮らしを選んでしているけれど、やっぱり時々さびしくなるものです。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_013

            【今年も義士伝の季節がやってきた】 【義士伝を聴いて泣いている】 ▶先週、今秋と訪れた講談会で義士伝を聴く。 昔は全く興味のなかった世界だけど、今はどっぷりハマってます。 落語や講談を聴くようになったら、話で季節を感じられるようになりましたね。 そんなわけで、もう年末まであとわずか。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_012

            【三畳間で見るつかの間の夢】 ▶どんな境遇でも夢は見たい。 夢…将来への希望、寝ているときに見るもの。いろいろあるけど。 疲れ果てて帰宅して泥のように眠り。そんなときでも『いい夢』を見ることがある。 また、将来に対しての夢とか希望は小さくても構わないから持ち続けたいですね。 あなたはの見る夢はどんなものですか? #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_011

            今は未だ暗闇の中 ▶この年になっても未だ手探りなのです。 暗闇の中を探り探り、突き進む感じ。 進めているのかな?同じところをぐるぐるしているだけかも? けど、考えてばかりじゃ進まない。少しづつでも動こう。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_010

            ぽんぽんぽーん と ちょっとだけ ▶ふとした拍子に、今まで滞っていたことが急に動き出して、上手く行くことってあるよね。 逆もまた然り。 アレって一体何なんでしょうね。 神の気まぐれ? #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_009

            聴くともなしに聴いて後悔 ▶他人の会話。ふと漏れ聞こえて来た時に限って「嫌な話」だったり、ね。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_008

            書いた文字から巡る想い ▶どんな人なのかな?そんな想いをめぐらせながら、文字を眺めている。 #自由律俳句

            初冬の #自由律俳句_007

            下腹部抑えて 浪花節 ▶不思議なことに年齢を重ねる毎にキツくなるのです。 #自由律俳句