スクリーンショット_2019-04-24_23

[2.8]Blender 2.80ショートカットキーチートシート(beta)

WindowsやmacOSでも「所定のキーを押すとコマンドが実行される」という「キーボードショートカット」があります。

Windows のキーボード ショートカット
Mac のキーボードショートカット

3DCGソフトにもキーボードショートカットはあって、Blenderはとりわけショートカットキーの多さで知られています。

(Blender 2.80 では画面からコマンドにアクセスしやすくなり、以前のバージョンと比べてショートカットが割り当てられている数は少なくなっています。)

多いので、よく使うショートカットキーを一枚のシートにまとめた「チートシート」を作っている方もいらっしゃいます。

Blender | Blenderチートシート・基本操作ショートカット一覧表(日本語)2.79対応
Blender | Blenderチートシート・基本操作ショートカット一覧表(日本語)2.80b+業界互換キーマップ版
Learn Blender with a poster infographic(2.78)

(5/8に呟かれてますね。)

こちらも2.80に寄せてきましたよ?

さて、先日"Industry Compatible" キーマップなる「業界互換キーマップ」がBlender 2.80に追加されました。(関連:T54963)

この流れはもうやるしかありませんね。

マニュアルの記載箇所(7/15追記)

2.80公式マニュアルに主なショートカットキーの一覧が記載されていますので参考まで。

Common Shortcuts
Default Keymap
Industry Compatible Keymap

チートシートのダウンロード

そう、作ってみましたよ、2.80beta対応のショートカットキーチートシート。Blenderのデフォルトキーマップと"Industry Compatible"キーマップ両方のmacOS 対応。(Win/Linuxの人は[Cmd]を[Ctrl]と読み替えるとだいたいok)

Blenderのデフォルトキーマップのチートシートを先に作成して、それをベースにIndustry Compatibleキーマップを作っています。ですので、項目が無い箇所もままありますのでご注意ください。また「本当によく使うキー」っていうのは使う人によって変わってくるので、ご自身のチートシートを作られたら良いと思います。

開発タスクのスレッド(T54963)では、Industory Compatibleキーマップが追加された以降もキーの割り当てについて色々な会話がされています。まだキーマップ確定では無いようで多少は変更があるものとして2つのチートシートを扱っていただければと思います。

元シートはこちら(ページ上では編集不可)


おまけ:ちょっとしたスクリプト

キーの割り当てとオペレーター関数の情報までを一覧で出せます。これだけだと何の役にも立たないですけどね。

import bpy 
wm = bpy.context.window_manager 

def get_operator(idname):
    op = bpy.ops
    for attr in idname.split("."):
        op = getattr(op, attr)
    return op

for kc in wm.keyconfigs:
    print("[" + kc.name+"]")
    for km in kc.keymaps:
        print("("+ kc.name + ">" + km.name+")")
        for ki in km.keymap_items:
            s = ""
            if hasattr(ki,'properties'):
                if ki.properties != None:
                    if 'name' in ki.properties:
                        s="[Name]:"+ ki.properties['name']
            doc = get_operator(ki.idname).__doc__.split('\n')
            print(kc.name + "\t" + km.name + "\t" + doc[1] + "\t" +s + "\t" + ki.to_string() )

        

出力はこんな感じ。ちなみにキーマップはあらかじめ設定から読み込ませておきます。

blender user    Console    Copy selected text to clipboard        ⌘ C
blender user    Console    Paste text from clipboard        ⌘ V
blender user    Console    Move cursor position        ^ Left Arrow
blender user    Console    Move cursor position        ^ Right Arrow

終わりに

Blenderのショートカットキー、デフォルトの[G][S][R]等のコマンドについてはキーを押した瞬間にコマンド実行中になるのに比べて[W][E][R]で割り当てられているのは「コマンドのモード変更」なので、操作が一手多くなります。

なお、Industry Compatibleキーマップに切り替えて触ってみましたが、「何だろうこれ、歯が立たない」という感覚に襲われました :)

Blenderって難しかったんですね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートいただいた分はおやつのグレードアップに使おうかと思います。スキ、SNSにシェアもよろしくお願いします!

スキありがとうございます!
8
今流行りの3DCG制作環境、Blender 2.8xの機能紹介とかを(多分精力的に)noteに書いてます。あとnoteの記事ヘッダーに使える写真をシェアしてたり。 https://lab1092.wordpress.com/about/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。