NEM活 #7 HP翻訳 Symbolを使ったビジネスへの深掘り:LuxTag

SymolのHPに新たな記事が挙がっていたので和訳しました。LuxTagの実用例ですね。

Symolの商用ユースケースをより深く調査するために、NEMとの共同契約を締結し、Symolを使用することを約束している企業に焦点を当てたシリーズを開始します。

マレーシアにある革新的なブロックチェーンベースの会社LuxTagは、所有権を証明し、様々な業界の偽造品対策に取り組んでいます。

LuxTagとは?(What is LuxTag?)

LuxTagは、現CEOのRene Bernard氏、CBOのJeff McDonald氏、Faeez M. Noor氏によって2016年12月に設立されました。同社はマレーシアのクアラルンプールに本社を置き、NEMとは設立当初から緊密な関係を保っています。

このプロジェクトはNEMコミュニティファンドからスタートアップ資金を得て、2017年7月にXEMコインの65万ドル相当の補助金を確保しました。この資金調達は、NEMコミュニティが実施した投票の結果であり、LuxTagの適合を受け、マイルストーンの進捗に応じて支払いは処理される予定でした。

この最初の資金調達により、LuxTagはブロックチェーン技術を利用して真正性の証明と所有権の証明を確立することで、商品や製品、サービスの盗難や偽造を防止する実在の公証・認証サービスへと発展しました。

このプロジェクトでは、ブロックチェーン技術を利用して、ファッション企業、高級ブランド、アートディーラー、学位や卒業証書などの書類を不変の方法で確保する必要がある大学やカレッジなどの組織にデジタル認証ソリューションを提供しています。

LuxTagの製品とソリューション(LuxTag’s products and solutions)

LuxTagは、誰でもブロックチェーン上で商品にタグを付けることができるPapyrusをはじめとしたブロックチェーンベースのソリューションを多数展開しています。Papyrusは、ブロックチェーン証明書を生成するために、ユーザーが無料のアカウントにサインアップし、アイテム/製品の情報を提出する必要があります。

これらのブロックチェーン証明書は、LuxTagモバイルアプリを使って製品の秘密鍵QRコードをスキャンすることで主張することができます。ユーザーはまた、プラットフォームが生成するUUID QRコードを使って製品を確認したり、LuxTagに物理的なNFCステッカーを注文したりすることもできます。これらのブロックチェーン証明書は、アイテムの履歴を追跡する所有権の契約を表しており、本質的に不変であると同時に譲渡可能でもあります。

現在、ブロックチェーン証明書の作成を成功させるためには、ユーザーアカウントにXEM暗号通貨を使用して資金を提供する必要があります。

その他のソリューションには、ランナーが不変で公に共有可能な達成証明書を作成できるSportslogアプリが含まれています。Scribe E-Scroll は、もう一つの注目すべきソリューションです。教育機関や専門機関がプラットフォームを介して証明書を発行することができ、雇用者やその他の第三者が簡単に証明書を確認することができます。

LuxTag Blockchain Asset Security API(BasAPI)は、ブロックチェーン技術に関する深い技術的な理解がなくても、誰でも独自のブロックチェーン証明書を作成し、カスタマイズすることができます。製品検証、製品追跡、所有権移転、証明書のトレーサビリティ、デジタルアセット発行などの機能はすべてBasAPIを介してアンロックされており、誰もが強化されたブロックチェーンでバックアップされたセキュリティと検証ツールにアクセスできるようになっています。

LuxTagはどのようにSymbolを使うのか(How LuxTag uses Symbol )

LuxTagのアカウントホルダーは、ブロックチェーン証明書を作成するためにXEMを保持する必要がありますが、LuxTagは、Symbolプラットフォームのコア機能のいくつかを直接利用しています。

例えば、同社はブロックチェーンとのインターフェイスのためにSymbolが提供するSDKやAPIを活用しており、LuxTagアプリの実行や保守にはSymbolのブロックチェーン上で既に利用可能なツールを活用しています。これにより、物事の合理化と費用対効果を維持しつつ、開発者はスタック全体をゼロから再構築する必要がないため、コードをより速く出荷することができます。

さらにLuxTagは、ブロックチェーン上に個々の証明書を配置するためにSymbolアーキテクチャを利用しています。

Symbolはアイテムごとにユニークな識別子を作成することができ、ブロックチェーン上に配置するための指紋証明書/ディプロマを生成する必要がありません。その結果、実際の原本証明書はデジタル化されており、不変であり、従来の意味での紛失や破損はあり得ません。

LuxTagはどのように発展し続けるか(How LuxTag continues to develop)

LuxTagは前進を続けており、NEM財団からの助成金を受けて以来、追加の資金を確保しています。

同社は2017年末にPlatcom Venturesから10万ドルの助成金を受け、2018年6月にシードファンディングラウンドを完了しました。これはxSquared Ventures LLCが主導し、さらに60万ドルの資金調達を行い、LuxTagは660万ドルの評価額を獲得しています。

2020年のセキュリティ・トークン・オファリングでは、LuxTagは11.11%の株式を提供することで、さらに36万ドルの資金調達を確保しました。これは認定投資家に公開され、マレーシア証券委員会の承認を得たことで、マレーシア初の正式なトークン・オファリングとなりました。

新たに調達した資金でタイ、バングラデシュ、インドに進出し、アメリカ、スペイン、ロシアにも進出し、さらなる拡大を図っています。LuxTagは、TechBureau Holdings Corp.とChronoswissが製造する高級時計のタグ付けや、マレーシア政府と連携してマレーシア国際イスラーム大学(IIUM)のNEM NIS1チェーンへのE-scrollによる大学卒業証書の登録など、多くのコラボレーションプロジェクトを開始しています。

これがSymbolにとって何を意味するか(What this means for Symbol)

前に述べたように、LuxTagはすでにSymbolを使用しており、チームは早期採用者にPapyrusのエンタープライズ版を展開して統合し、さらなる利用者の拡充を計画しています。

この結果、さらなる商業的な採用が見込まれ、LuxTagはSymbolを利用して現実世界のソリューションを提供している革新的な企業の代表的な例となるでしょう。公証会社は現在、プラットフォームのコア機能を活用して採用の進展と加速を図っており、その中には、MosaicやAsset Issuanceの機能強化、APIやツールキットの構造などが含まれています。これらの機能により、LuxTagは効率的かつコスト効率の良い方法でLuxTagアプリを運用・保守し、ブロックチェーン技術の利用を快適でリソースを必要としない方法で取り入れることができます。

LuxTagが示した継続的な発展は、Symbolが様々な規模の企業にソリューションを提供し、ブロックチェーンをベースとしたビジネスが成長し、さらなる商業的な採用を達成するのに役立つことを示しています。LuxTagのような革新的な企業が道を切り開くのに貢献しているように、Symbolは、企業が日々のワークフローを近代化し、さまざまな業務の改善をもたらす最先端のネットワークにプラグインすることを可能にする、高度にカスタマイズ可能で効率的なBlockchain as a Service (BaaS)ソリューションとして、すでに十分に位置づけられています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
FXトレーダーです。 趣味でBTC/USDとETH/USDのチャート分析もしております。仮想通貨は10~20年スパンでコツコツ現物を積み立てて、資産を大きく育てましょう。 symbolの委任ハーベスターさん募集中(http://xym611.allnodes.me