見出し画像

【ゼロからKindle出版】レイアウトの崩れが気になってきたら…【P D F化】

よりクオリティの高いものをーー

まずはWordで出版!
ということでコチラの記事を
見て頂けたらとりあえず出版までは
できるようになると思います。

出版できた!
という喜びが大きいと思いますが、
だんだんあることが気になってきます。

それがレイアウトの崩れ

Wordで出版する以上、フォーマットは
各端末任せなので、どうしても自分の
思い通りにならないことがあります。
(というかほとんどです)

とくに図表を入れ出すと
その傾向は顕著です。

ここで、オススメしたいやり方が
ズバリ本のP D F化です。

いったんPDFファイルにしてしまえば
どんな端末であっても同じような見た目に
することができます。

なんと便利なのでしょうーー

ただ、PDF化にも弱点がいくつかあります。

・手間がかかる
・レイアウトに凝り出す
・リンクが貼りづらい

順番に解説していきます。

◯手間がかかる

今まではWordで出力したものが
そのまま本になっていたのが、
PDF化すると、ロマンサーで
変換したり目次を作ったり
余計な手間がかかります。

ちょっとした手間なんですが、
チリツモでやはり修正一つとっても
面倒だなー、という感じはします。

◯レイアウトに凝り出す

これはやったことある人
全員あるあるなんですが、
どうしてもレイアウトに
凝りたくなっちゃいます。

自分で全てバチンとレイアウトが
決められるとなると、
ついつい細かい罫線とかに
凝り出して、余計な時間が
かかることかかること。

実はコレが一番の罠かもしれないですね。

◯リンクが貼りづらい

貼れないことはないですが、
現状割と面倒で手間がかかります。

リンクを追加するには
PDFを出版できる形式のepubファイルに
変換した後、SIGILというepubを編集できる
ソフトを使ってやります。
(他にも方法あるとは思います)

これもちょっとなんですが、
面倒といえば面倒で、やり出すと
三度手間の雰囲気になりますね。

もう修正したくない!
ってなります😄

◯まとめ

PDF化にはメリッとデメリットが存在。

メリット
・見た目が良くなる
・意図通りのレイアウトになる
・図表が入れやすい

デメリット
・手間がかかる
・レイアウトに凝り出す
・リンクが貼りづらい

メリットとデメリットを見極めて
使ってみよう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カーボ|連続投稿700日突破!|毎日18時半更新|Kindle作家|19冊出版中

よろしければ、サポートをお願いします。受けた恩は3倍返しにして必ず返します!