見出し画像

和紙はSDGsだけど、ヨシ紙はもっとSDGsなんです。


#SDGsへの向き合い方

越前和紙を機械で漉いている製紙メーカーです。

SDGsというとなんだか難しいように思いますが、製紙メーカーの工場内では

普通に行われていることが取り組みの一環だったりします。

和紙は失敗したものでも廃棄することがありません。

失敗した和紙も、カットした端っこもすべて原料に戻して再利用。

それが普通です。もったいない。

時には新しい和紙にチャレンジすると、ほとんどが使えないこともあります。でもまた原料に戻す。和紙を溶かして原料に作り替えて、また抄きます。


弊社では、2000年ごろから河川に生育している葦を原料に和紙をすいています。

葦はなんぞや。多年草のイネ科の植物で、河川敷に生育する時に河川の水を浄化する植物と言われています。昔はたーーーくさん生育していました。

葦は、毎年大きく成長しますが、冬には立ち枯れします。

立ち枯れした葦は、刈り取りを行わないと立ち枯れしたまま河川に流れ出したり、来春に芽が出にくくなります。毎年刈り取りが必要な植物。

画像1

↑ 毎年淀川河川敷で行われていた ヨシ刈りの様子

昔は、河川敷きには刈り取った葦を取り扱う業者がいて、ヨシズや建築資材に再利用されてきました。しかし今は安価で輸入される為、誰も刈り取りを行わなくなりました。

河川の水を浄化するには大切な葦。今は湖や河川敷に葦を植えて育てて、刈り取ることを環境学習の一環として学んでいる学校もあります。

県からの委託で葦を刈り取っている業者もいます。


弊社はそんな葦を使ってヨシ紙を漉いています。

それも葦をそのまま和紙に漉き込むのではなく、葦を一度 国内でパルプに加工して、そのヨシパルプを配合した和紙を漉いています。

葦をパルプに加工する時に、過分な漂白などを行っていないので、ほんのりと茶色がかったヨシパルプは、和紙にすると暖かなぬくもりを感じられる和紙。優しい手触りです。


ヨシ紙の新しいパンフレットと、新しく和紙ファイルも作りました。

詳しくは次回に

https://www.yamada-keitei.com/




この記事が参加している募集

#SDGsへの向き合い方

14,822件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?