見出し画像

心がけた事

 子どもの頃、何がいけなかったのかよく解らないけれど、よく母にぶたれることがあった。頭や顔バシバシ。
 今なら、「児童虐待」って言われる?か・・
 「何故勉強しないのか・・・?」から始まり「どうして成績が悪いのか?」ってことでぶたれる。
 反抗して益々勉強しない・・・
 勉強しなかった事は、今は後悔している(笑)

 それで、子どもが生まれた時思ったこと。
 「褒めて育てよう!」っていう風潮もあったけれど、三才までは「悪い事や危険なことをしそうになった時」はちゃんと解らせる為にお尻を叩く事をしても、三才からは絶対叩かない!! 

 子どもも三才くらいからの記憶はちゃんとあるから。

 ずっと叩かずに済めばそれに越したことはないけど、何をしでかすか子どもの行動は読めないし、人に迷惑をかけるかもしれない。
 そんな時は仕方なく「ダメ」と痛みで解らせる。
 母も人間なんで、感情的に怒る時もありますが、ネチネチと以前の事を再度言って怒らない。
 
 お陰様で、うちの娘は「お母さんに叩かれた事がない」と言っております(笑)

 それも、良き思い出。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」をして頂き有難うございました。
京都で生まれ、育ち、干支が生まれた年に戻りました。 様々な人々に出会い、教えていただいたことを今度は返す番にになったのかもしれません。 日々の思いを少しづつ書き留めたいと思います。