見出し画像

👨‍👩‍👧スマホを持たない子どもを含めた家族間でのLINE Botの使いかた

かれこれ4年ぐらいLINE Bot使い続けている。

最初はリマインダー的な使い方から始めたが、よくあるものから独自の使い方までいろいろ機能を増えてきたので、noteでまとめてみる。

長くなってしまうため設定や技術的な説明は割愛(知りたい方はコメントなどください!)

補足
・子どもはスマホを持っていなく、Google Homeや別サービスも利用
・家族メンバーを入れたLINEグループでお知らせがくる仕組み

子どもからパパ・ママへLINE

Google Homeに「LINE ○○...」と話しかけると、LINEグループに投稿される。

子どもにまだスマホを持たせていないので、一方通行だが自分と妻へLINEへ送ることができる。

例
👧🏻「LINE パパお仕事おつかれさま!」
👧🏻「LINE 何時に帰ってくるの?」

子どもから祖父・祖母へ

上と同じ仕組みで実家の祖父・祖母へもLINEを送れる。
子どもが離れた家族と少しでもコミュニケーションができるように。

登下校の通知

小学校の門を通過すると、「👧🏻が、8:00 に登下校しました」と通知がくる。(門通過時の時間が表示される)

子どもがまだ低学年なので、きちんと学校に行けたか、帰ってくるのか把握できるのはとても安心。

Botの自動返信(人工無能)

単純な会話をBotとできる。
ちなみにBotは今野家秘書というキャラ設定にしている。

例
🧑🏻 「今から帰ります」
 â†’ 🤖 「お仕事お疲れさまでした!気をつけて帰ってきてくださいね」

🧑🏻 「疲れたよー」
 â†’ 🤖 「スクワットでもしてリフレッシュしましょう!」

約50パターンぐらい登録しているが、まーまー会話している感できるかも。
ちなみにLINEスタンプでの返信もしてくれるようにしている。

家計の資産状況の通知

いくつかの銀行やNISA、iDeCoなどの資産状況をGoogle スプレッドシートで管理しており、それらを毎月計算してLINEで通知してくれる。
面倒なので家計簿はつけていないが、毎月家計の状況をきちんと把握と意識できるようにするため、なかなか役立っている。

例
 ðŸ¤– 「現在の総資産は○○円です。前月比は +○○円です」

自分が帰宅するときに通知

今は使っていないが、毎日「今から帰るよ」とLINEするのが面倒だったため、位置情報から自動的にLINEできるようにしていた。

ただ、充電の減りが気になって今は辞めている。

最後に

LINE Botはただの通知に過ぎないが、コミュニケーションのきっかけになりやすい。
ちょっとした通知から、家族間での話題にもつながるのでアイディア次第でいろんなことできるなーと思っている。

使っているサービスたち

・LINE
・LINE Developers(Botつくるときに必要なやつ)
・IFTTT(アプリやサービスの連携をしてくれる便利なやつ)
・Google Home(おしゃべりしてくれるやつ)
・Googleスプレッドシート + Google Apps Script(エクセルみたいやつ)
・ツイタもん(登下校の通知してくれるやつ)
・Heroku(無料でカンタンにサーバーを立てれるやつ)
・myThings(サービス終了したが、アプリでカンタンに通知の仕組みを作れる)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とっても嬉しいです💚
4
デザイナー。日々の体験を綴っています

この記事が入っているマガジン

子育て
子育て
  • 7本

子育てネタを集めました

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。