新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【WizMu 使用方法 vol.3】 既存の楽曲にも新たな価値を与えられます!

前回の記事では、

ダウンロードページのコンテンツは、後日何度でも内容の変更可能
という内容をご紹介しました。

今回もWizMuの使い方の一例をご紹介したいと思います。

画像1

今を生き抜くツールとしてのWizMu

こちらの記事をお読みいただいている今、
ご自宅でお仕事をされながらご覧になっている方も多いかと思います。

不要不急の外出を避け、コロナウイルスの感染拡大を少しでも抑えること。
そうして、一日も早い終息を願うばかりです。

とは言え、エンターテイメント業界は大打撃。

こうした中で、一人でも多くのアーティストの方に
今を生き抜くツールとして、WizMuを使っていただきたいです。

ただ、ここで問題なのは
「家族も一緒に住んでいるので自宅では歌える環境ではない」
「やってみたいけど、宅録や配信環境がない」
という理由から、楽曲を新たに製作できない方も多いということ。

過去音源や秘蔵ライブ音源を再発信する

そこで、WizMuからご提案するのは
既存の楽曲をさらに価値あるものとして販売する方法。

これまでにリリースした楽曲や映像作品などがあれば
それを商品に付与して販売するのはいかがでしょうか?

既に完売してしまったアルバムや
秘蔵のライブ映像など、
新たにCDやDVDなどにして販売するとなると
プレスのコスト、在庫リスクetc...かかってしまいますよね。

画像2

オススメはポストカード

なんと言っても手頃なのは、ポストカード。
紙への印刷であれば、QRコードが崩れることなくご提供できます。

印刷にかかるコストも
他の媒体よりは低価格で済ませられるし
在庫として保管する際も、さほど場所を取りません。

もちろん、せっかくなら素敵なポストカードにしたいですよね。
ライブ音源であれば、そのときのライブ風景の写真でもよいですし
楽曲のイメージに合わせ、ご自身が描かれた絵なども素敵ですね!

眠っている楽曲に新たな価値を

ファンやフォロワーの方々の中には
再配信する楽曲等を既にお持ちの方もいると思います。

再配信するにあたっては、
さらに価値あるものとして発信したいですね!

もし、
「アーティスト写真を撮ってもらいたい!」
「写真はあるけどポストカードのデザインができない!」など、
お困りごとがあれば、どしどしご相談ください!

<< kusuguru へのお問い合わせフォーム >>

<< WizMuのサイトはコチラから >>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。