見出し画像

【WizMu 使用方法 vol.2】 WizMuはコンテンツ内容を後日変更可能!

先日「kusuguru(クスグル)」から発表したアーティストとファンを繋ぐ新しい音楽のプラットフォームサービス「WizMu(ウィズミュ)」。

画像1

前回の記事では、WizMuを使って楽曲ダウンロードページを作成・QRコード化、簡単に音源付きグッズが作れることをご紹介しました。

今回は、WizMuをより深く使用する方法をご紹介していきます。

WizMuはコンテンツ内容を後日変更できる。

QRコード化した楽曲のダウンロードページの内容は、後から変更することができます。

楽曲の追加・変更、紹介文の変更などを利用すれば、より価値のあるコンテンツをファンにお届けすることが可能になります!

ここではその一部をご紹介していきます!

ライブ会場で、その日のライブ音源付きグッズ販売

① 予めWizMuで、コンテンツページを作成、QRコード化しておきます。

この時コンテンツページにはまだ楽曲はアップロードせず、紹介文には「準備中」ということがわかる旨のテキストを用意しておくと良いでしょう。

② ①で作成したQRコード入りのグッズを作成。

ポストカードやシール、フライヤーなど、QRコードを入れるグッズはアイデア次第!

画像2

③ ライブ当日、その日のライブを録音、物販でQRグッズを販売

ライブハウスでのライブでは、ライブハウスにお願いすればその日のライブを録音してくれるところも多いです。事前にお願いして録音してもらうか、自身で録音しておきましょう。

物販ではグッズを販売、後にその日の音源がアップロードされる旨をファンに伝えておくと良いでしょう。

④ 後日ライブ音源をWizMuへアップロード

WizMuへ、①で作っておいたコンテンツページに③で録音したライブ音源をアップロード申請しましょう。同時に紹介文の部分も「◯月◯日@〇〇ライブ音源」など、わかりやすいものに変更すると良いでしょう。

アップロードが完了したら、SNSなどでグッズを購入いただいたファンの方に、ライブ音源の配信がスタートした旨を伝えてあげましょう!

画像3

このように、その日のライブ音源付きグッズがWizMuなら簡単に作れちゃいます!

ファンにとって、自分が参加したライブというのは特別なもの。

そのライブ音源を、後日ではなく、その日の熱があるうちに物販で販売できるというのは、CDではできないことですよね!


このようにWizMuはアイデア次第で使い方は無限大!

ぜひWizMuを使って音源付きグッズを作ってみてください!

WizMuご利用登録はコチラから!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。