ヒオカ|ないものにされる痛みや弱者性に想像力を

東京住み、95年生まれ。自己責任論と闘うフリーライター、Spot Rightsプロジェクト代表。"無い物にされる痛みに、想像力を"がモットー。弱者の声を可視化するのがお仕事。子供の貧困、貧困の連鎖などについて。 お仕事のご依頼はTwitterのDMまで。
    • 貧困家庭育ちの実体験
      貧困家庭育ちの実体験
      • 6本
    • 春休みチャリティー勉強会2020
      春休みチャリティー勉強会2020
      • 8本

      コロナによる不安や所得の冷え込みを払拭する為に、ほぼ2週間オンライン勉強会を開催します。その名も #春休みチャリティー勉強会2020 🌸 一斉休校、数多くのイベントキャンセルによる所得の冷え込み、長引く在宅勤務。平穏ではない状況の今だからこそ「たのしいインターネット」ですこしでも笑顔や経済をまわしたい。そんな企画です🌸

固定された記事

私が"普通"と違った50のこと〜貧困とは、選択肢が持てないということ〜

昨年の秋、私は病室にいた。 24歳といういい歳をした大人が、大声で泣きじゃくり、何人もの看護師さんがかわるがわる慰めに来る。「お願いです、退院させてください」そう…

エモキラコーティング、中身はポイズン(毒)

エモキラでシュガーコーティングされた、ポイズン(毒)。 エモキラで食べやすくし、一度口に含めば体内にゆっくりと浸透していく。 そんなエッセイや記事を、目にするこ…

ホームレスとデートの記事の残酷さ~貧困消費と感動ポルノ~

先日こんな記事を目にした。 西成区、新今宮という土地でホームレスの方とデートするという内容。 読んだ感想は、残酷だな、これに尽きる。 「西成」と聞けば関西の人で…

生理の貧困は単体で取り上げられるべき問題です。生理の貧困叩きに反対します。

現在、わたしはノンフィクションライターの立場で生理の貧困問題を追っています。 そこで、生理の貧困の報道が加熱する中で、生理の貧困問題が誤って認識され、生理の貧困…

ないものにされる痛みを可視化するSpotRightsプロジェクト始動します

"ないものにされる弱者性や痛み可視化する"をテーマに 文章、写真、映像、アート、音楽などの作品を発信していく。そんなプラットフォームを作りたい。 新しいプロジェク…

25歳の私が、"未来ある若者"という言葉に感じるモヤり

子どもは国の宝だ 未来ある若者が、、、 そんな言葉に、最近もやもやしている。 前提として、それらの言葉は正しいと思うし、間違っていないと思う。 ただ、 「自立し…