見出し画像

なぜ いまHR領域でQA組織を立ち上げるのか?立ち上げに込めた想い

黒沢智之@マネーフォワード

はじめまして、こんにちは! 『マネーフォワード クラウド』の HR(人事労務)領域の開発組織の部長を務めている黒沢です。マネーフォワードには2018年にエンジニアとしてジョインし、『マネーフォワード クラウド勤怠』のサービス立ち上げに携わった後、現在はエンジニアリングマネージャーやプロジェクトマネージャーなどの役割を担っています。

この記事では、『マネーフォワード クラウド』のHR領域のプロダクト開発において、QA(品質保証)組織立ち上げに込めた想いや、目指している姿についてお伝えしたいと思います。是非最後まで読んでいただけると嬉しいです!

なぜQA組織を立ち上げたの?

HR領域のQA組織は、2020年12月に立ち上げたばかりです。
なぜ、このタイミングでQA組織を立ち上げたのか、その背景は大きく3つあります。

HRソリューション本部本部会_2102 のコピー (1)


1. ユーザー規模の拡大
ユーザー数の増加で、障害やバグ混入の影響も大きいものになっています。これは『マネーフォワード クラウドERP』として繋がることで、単体プロダクトだけなくシリーズ全体の信頼に関わることだと考えています。また、大規模な事業者への導入も進む中でパフォーマンス面での品質課題への対処も重要になっています。

2. 大規模で高度な機能開発への対応
中堅企業/エンタープライズのお客様にもご導入いただく中で、難易度が高く、規模が大きい開発への要求も日に日に大きくなっています。そうした開発でも、高い品質とスケジュールを担保していくためには、QAの観点・ノウハウも重要になると考えています。開発エンジニアと一緒になって、仕様策定の段階からQA知見を適用し、精緻な開発を組織として実行していく考えです。

3. 開発プロセス・生産性の向上
これまでも、開発エンジニアを中心にプロセスの改善など、日々取り組んできました。開発メンバーも増えて組織が拡大する中では、発生してしまった障害やバグを開発チームにフィードバックし、それを次に活かす仕組み作りを強化することが大切だと考えています。
それによって、プロダクト品質の向上につなげ、組織パフォーマンスの最大化を図っていきたいと思っています。

どんなQA組織を目指すの?

QA組織の立ち上げ後、目指すべき姿をMission(果たすべき使命)、Value(共通して持つ価値観)という形で以下のように策定しました。

Mission(果たすべき使命)

HRソリューション本部本部会_2102 のコピー (2)

Missionは「スケールする組織とプロセスによってパフォーマンスを最大化しつつ、サービスの品質が常に高い状態を作り出す」としました。

”スケールする組織”とは、開発者全員が品質に対する高い意識と、高品質を実現するためのスキルを持っている状態を指し、
”スケールするプロセス”とは、開発プロセスの重要性を理解した上で、案件に応じて柔軟にプロセスを使い分けながら開発を推進している状態を指します。
そして、”サービスの品質”としては、当たり前品質をベースとしながらも、開発プロセスを通じて一元的品質・魅了的品質(狩野モデル)をも高めていくことを目指します。


Value(共通して持つ価値観)

HRソリューション本部本部会_2102 のコピー

Valueは、以下の3つを定めました。

1. 品質は開発者全員で高めるものである
QAメンバーが単純にテスト計画〜設計〜実行〜分析するのではなく、開発チームとのタッグによってサービス品質を高めていきます。

2. ツールやプロセスはあくまでも手段である
方法ありきではなく、目的やコストに合わせて、手段は柔軟にコーディネートしていきます。

3. 防御は最大の攻撃である
サービス規模が拡大していく中で、防御(QAや開発プロセス)を固めているからこそできる攻撃(魅力的な新機能・開発難度が高い機能の提供)があると考えます。

このような使命や価値観を持ち、ユーザーの業務を止めない安心感と魅力的な価値のあるプロダクトづくりを推進するエンジンとなるQA組織を目指しています。

これからのプロダクト開発組織とは?

Valueでも触れましたが、品質はプロダクト開発に関わる全員で高めるものだと捉え、組織として強化していこうとしています。
もちろん、これまでもプロダクト開発のエンジニア・プロダクトマネージャー含め、品質向上に対する取り組みを進めてまいりました。しかし、より一層求められるレベルが高まり、規模が拡大する中では、充分ではありません。
また、ここ数年ではQA to AQという考え方も出現し、壁をつくらず開発チームとQAが一体となり、専門性を活かし合い協業することが、重要だと考えています。

直近では、以下のよう取り組みも開始し、少しずつ実践しています。

QAに関する啓蒙活動
まずは、QAの存在を「認知」してもらい、目指している世界観を「理解」してもらえるよう、社内での情報発信を開始しました。品質に対するマインドセットとエンジニア自身が品質を保証できるスキルを身に付けることを最終ゴールとしています。

ペアテスト
テストの勘所を伝授する手段として、ペアテストを行っています。チェックリストを作ってテスト観点を部内に広めることも大事ですが、答えを渡すのではなく、答えの出し方を伝えることで、エンジニア自身が気づきを得られる工夫をしたいと考えています。

画像4

最後に

2020年12月に立ち上げたばかりのQA組織ですが、今回ご紹介したように熱い想いを持って取り組みを前に進めています。

しかしながら、まだまだ組織の立ち上げ期です!
まだ何もないからこそ、どんどんチャレンジし、トライ&エラーができる環境となっています!一緒にその環境を楽しみながら、チーム・仕組みから創りあげていきませんか?

マネーフォワードではカジュアル面談も実施しています!マネーフォワード クラウドのHR(人事労務)領域にご興味を持ったQAエンジニア・QAスペシャリストの方は、是非一度お話を聞いてみていただければと思います!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
黒沢智之@マネーフォワード
Money Forward / Engineering Manager / Project Manager / 2018年にエンジニアとしてジョインし、新サービス立ち上げに携わった後、現在はHR領域の開発組織の部長としてエンジニアリングマネージャーなどの役割を担っています!