くらげの毒抜き日記

44
記事

妻がマスクを洗うとき「救済のギブ・アンド・テイク」のサイクルが回りだすってお話 …

ーーーーーーーーーーーーーーー 「マスクを洗っておいたから!」と妻が言った。部屋の隅の室…

【書評】ディスコミュニケーション(植芝理一)を読まなかったら妻との出会いもなくい…

※この文章はFacebookに投稿したものを加筆編集したものです 今朝方、「ボクの彼女は発達障害…

「逃げること」と「帰ること」が育てるコロナウイルスの物語について。あるいは友人が…

ーーーーー 私の交友範囲は広くないのだけど、勝手に友人だと思っている一人が鈴木悠平さんだ…

新型コロナウイルスの憂鬱。あるいは二本足でこの日本を歩くということについて。

ーーーーーーー 世界中から音が聞こえる。アメリカからは新型コロナウイルスに感染した患者の…

今日の日を「新型コロナウイルスに戦いを挑み始めた日」にするための覚書 #家にいよう…

2020年4月7日19時、安倍首相が新型コロナウイルスの爆発的流行を受けて、7都道府県に緊急事態…

「本を書く苦しみ」と「それでも震えながらPCに向かう自信と狂気」のお話

ここ最近、毎日追い込まれている気がする。というか、実際に追い込まれているんだけど、それを…

激動する世界で静かに生きる。あるいは歴史の糸をこたつ机で紡ぐということについて。

1.台所の情景 いつしか、ニュースを流しながら家事をするのが定番になっていた。イヤホンを接…

香港駐在員小説「蛙のよだれ」に世界のローカルな広さを思い知ったよ!ってお話

こんばんは。くらげです。 人間、35年も生きていると「よくわからない知り合い」というものが…

リモートワークに「失敗」した人間の懺悔。あるいは多様な働き方の実践について。

こんばんは。くらげです。 リモートワークが一気に進んでいますが コロナウイルスによる新型…

noteのサークル機能の「儲からなさ」に「ブランドを作り上げる覚悟」を見たってお…

サークル機能が誕生しました ふとネットニュースを見ておりましたら「noteでサークル機能が本…