久野那美

劇作家。〇〇の階代表。 http://floor.d.dooo.jp/ ツイッター @kuno_nami ★戯曲やDVDや配信映像の購入 https://xxnokai.stores.jp/
    • 掌戯曲

      30分以内の短い戯曲を集めました。ちょっとずつ増やしていきます。

    • 久野那美 戯曲(30分~80分くらい)

      これまでの上演台本です。

    • エッセイ

  • 商品の画像

    サポートチケット(リターン:音声ドラマ)

    階の公演活動を支援いただくためのサポート(寄付)チケットです。(複数枚お買い上げの場合はお手数ですが1枚毎に購入してください)リターンとして、階オリジナル音声ドラマKIKIMIMIシアター第1話~第4話の配信音声をお届けします。※各話4~6分程度×5話★第1話『すごい宇宙 という本を読んだ』出演:三田村啓示https://vimeo.com/589427254★第2-1話『鳩』出演:三田村啓示 大西智子(あなざーわーくす)https://vimeo.com/620085465★第2-2話『帽子』出演:大西智子(あなざーわーくす) 三田村啓示https://vimeo.com/620097558★第3話『機械』出演:若旦那家康(コトリ会議) 大西智子(あなざーわーくす)https://vimeo.com/620107650★第4話『スイッチ』出演:新免わこ  田宮ヨシノリhttps://vimeo.com/620112388脚本・演出:久野那美 音楽:山崎康弘(ゆっくりとじていく。)録音・効果:合田加代(結音)↑各話urlにアクセスして、パスワードを入力してご視聴ください。※配信期間中は何度でも視聴可能です。※パスワードは他人に教えないでください
    ¥2,200
    階 mart
  • 商品の画像

    Fの階公演『なにごともなかったかのように再び始まるまで』 DVD

    2019年3月 神戸アートビレッジセンター シアター&地下フロアFの階公演映像脚本・演出:久野那美 「満席でも必ずいくつか席を空けておくこと」映画館には昔から、そんな習わしがある。今ではほとんど忘れられているけれど、本当は理由があるのだー映画の町の映画館で映画のように<上演>される、映画というより映画館の物語…。※劇中映画の紹介http://xxnokai.blog.fc2.com/blog-entry-616.html出演A 映画館を語る女 藤谷以優B 映画を語る男 佐々木峻一(努力クラブ)G 映画を映す男 練間沙 C なんでも説明する男 七井悠(劇団飛び道具)D 深く考える男 三田村啓示E 最後に席を立つ女 イトウエリ(空の駅舎)F 案内する女 プリン松舞台監督:中西隆雄照明:葛西健一音響:合田加代(結音)美術:竹腰かなこ制作:竹内桃子(匿名劇壇)演出助手:吉村篤生(劇の虫)・環・森本聡生(劇団さあもん)映像&舞台監督助手:小林佳太郎(猿の左手)制作助手:橋本舜祐(はちの巣座)企画製作:松村綾子・久野那美写真:紅たえこ宣伝美術:小泉しゅん(Awesome Balance)映像協力:竹崎博人主催:階共催:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団助成事業協力:劇団飛び道具・空の驛舎・努力クラブ・匿名劇壇・劇の虫・はちの巣座
    ¥2,800
    階 mart
  • 商品の画像

    ボトルチケット2枚(税込1100円)

    ボトルチケットは、ご自身が観劇するためのチケットではなく、見知らぬ誰かの観劇をこっそり応援するためのクラウドファンディング型チケットです。【こんな方にご購入いただきたいチケットです】・階の公演を応援しようと思って下さる方・自分だけでなく、多くの人に階の公演を見てほしいと思って下さる方・高校生、大学生など、観劇資金の少ない他のお客様の観劇を支援したい方・自分は見に行けないけど誰かに代わりに見てほしいと思って下さる方<買い方>前売チケットと一緒に、または前売チケットの代わりに購入することができます。ご購入頂いたボトルチケットは、利用されるお客様のためにボトルに貯めていきます。<使い方>当日受付にてチケット料金をお支払いになるお客様は、事前に誰かの購入されたボトルチケットを最大チケット代分まで使うことができます。当日ご準備できるボトルチケットの枚数は、販売された枚数によって変動します。ボトルチケットのご利用は先着順です。各回の規定枚数がなくなり次第終了致します。※ボトルチケットシステムは、2015年に大阪の劇作家久野那美が当時㈱ネクステージ在籍の三坂恵美(現合同会社Booster代表)氏と一緒に企画し、Recycle缶の階公演にて初めて実施しました。それ以降、階公演では毎回、多くの方にご利用いただいています。また、利用されたお客様の口コミや新聞記事などにより情報が広まり、今では各地の様々なイベントに導入頂いているようです。参考記事:https://www.nikkei.com/article/DGXLASIH16H06_W6A510C1AA2P00
    ¥1,100
    階 mart
  • もっとみる

椅子の階上演台本 上映会―立ち会えなかった人のための―

http://floor.d.dooo.jp/isu/ の『+』部分の上演台本です。 作:久野那美 1【パノラマビール…

4か月前

原因と対策

個人がミスをした時。謝って反省して善後策の指示を仰げば責任者が解決してくれるし自分も経験…

5か月前

それは演劇なのか?

「存在を認識されないこと」は否定されることよりはるかに哀しい。次元の違う、解決不能な哀し…

5か月前

スイッチ

登場するもの: 男      女 静寂。やがて・・・ かちっ。       女 遠くで音がした…

10か月前

さよなら

登場するもの: 母         男 男 じいちゃんが亡くなって5年。こんな暑い季節だっ…

11か月前

わたしたち

作:久野那美 ★戯曲の上演申請はこちらから https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdfn

1年前