p20181222_名前入り_

エコモット株式会社 代表取締役 入澤 拓也さん

IoTで全国の事故と災害を未然に防ぐ
北海道でたった一人で起業した入澤さんは、その時々のお客様の声に真摯に答え続け、IoTのハードとソフトをワンストップで提供する会社へと成長。今では全国の安全の担い手に。

1)センサーではなく、カメラによる目視で、コスト削減

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日は、東証マザーズ上場企業です。証券コードは3987のエコモット株式会社代表取締役、入澤 拓也さんです。入澤さん、よろしくお願いします。

入澤:よろしくお願いします。

藤沢:もう今日すごいうれしくて。ずっと社長Talkを聞いてくださっていた。

入澤:そうですね。今のこのイントロ。ちょっと泣きそうですね。ついに僕の名前が呼ばれる日が来たと。

藤沢:いやあ、うれしいです。

入澤:うれしいですね。僕、創業してからずっと聞いていたので。

藤沢:創業が2007年で、社長Talkも2007年スタートだから、本当ずっと聞いてくださって。

入澤:そうですね。ずっと多分、聞いていました。

藤沢:ありがたいです。

入澤:だから、今日会っても、「はじめまして」という感じではないんです、勝手に。

藤沢:いや、うれしいです。でも、そうやって聞いてくださっていた方がこうやってマザーズに上場されて来てくださるなんて、本当うれしい。

この続きをみるには

この続き:15,905文字
記事を購入する

エコモット株式会社 代表取締役 入澤 拓也さん

Kumi Fujisawa

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!涼しくなりましたね・・。
2
http://kumifujisawa.jp20代に起業して、30代で会社を売却して、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダーになったり、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、有難い30年間の社会人経験を得て、今年から次の30年へ始動。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。