見出し画像

株式会社ZeBrand CEO 菊池 諒さん

ブランディングを自動的に作成してくれるサービス
社歴95年の老舗フォント企業に就職し、社内起業家としてグローバルサービスを立ち上げた菊池さん。好きが会社を動かしたその好奇心と行動力と世界初のサービスとは?


1)自動的にブランディングをビジュアル化してくれるサービス

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日はこれからユニコーン企業を目指すという企業なんですけれども、株式会社ZeBrand、Chief Executive Officer、菊池 諒さんです。菊池さん、よろしくお願いします。

菊池:よろしくお願いいたします。

藤沢:ラジオなのがもったいないんですよね。すごくかっこいいんです。水玉模様の青いジャケットにピンクで、何て言うの? 写真がいっぱい付いている。すごい。ポール・スミスっぽい。

菊池:ありがとうございます。

藤沢:若くて、すごくおしゃれな方なんですね。さあ、どんなお仕事なのかというとこから、聞いていきたいです。

菊池:ありがとうございます。ZeBrandの菊池です。ZeBrandというブランディングをオートメーション化するウェブサービスというものを展開している企業です。ブランディングと言いますと、ブランドガイドラインとよく言われているようなものを、簡単な質問に答えていただくだけで、自動生成できるようなツールを提供しています。

藤沢:横文字がいっぱい出てきましたね。

菊池:すいません。

藤沢:ブランドとか言われると、あのルイヴィトン? シャネル? みたいに思うけど、そうじゃなくて、自分の会社とかを、どういうイメージにするかということでいいんですか?

菊池:おっしゃるとおりですね。自分たちらしさといったものを、いくつかの質問に答えていただくことで、デザインの要素に落とし込んで、それをブランディングページといった、あなたらしいページ、会社らしいページを作りますよといったサービスです。

藤沢:これを私もやってみたんです。

この続きをみるには

この続き: 13,852文字
記事を購入する

株式会社ZeBrand CEO 菊池 諒さん

Kumi Fujisawa

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!免疫力高めてますか?
4
20代に起業して、30代で会社を売却、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダー、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、50代になって、新たな一歩を踏み出したくて大学院に進学。さて次は?http://kumifujisawa.jp