こざるカフェの日々ウールー

ひっそりと、こっそりと、空想でカフェを始めることにしました。 「ウールー」は、フランス語で heureux と綴り、「幸せな」という意味です。営業時間は不定期です。 こざる達は 人間のおばあさんの りこちゃんと 一緒に暮していて、時々、登場します。

「『有料レジ袋 ご入用ですか?』って機械が聞いたんだよ!」
コンビニから帰って来た こざるちゃんが言います。レジで自動音声が流れるのです。
「だから 機械に向かって『いりません。』って言ったんだ。」
店側にしてみれば 毎回聞くのもちょっと、なのでしょうが「何だか滑稽じゃない?」

「昨日と今日は浅草寺の ほおずき市だったんだね。」
りこちゃんと こざる達は毎年 当たり前に行っていました。
「今年は中止だよ。」「でも浅草寺の四万六千日の法要は行われているよ。」お坊さん達が祈祷してくれています。
「今年はたくさん祈ることがあるね。」皆が無事に過ごせますように。

それを言っちゃあ おしまいよ

「なに この人!!」 こざるちゃんが、ちょっと怒った口調で言います。 「"母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ"って、見ず知らずの人に いきなり言うなんて、 失礼極…

これだけなんだけど、嬉しい一日

「今日は 嬉しいことがたくさんあったんだ。」 こざるちゃんが言います。 「りこちゃんを連れて、病院の定期健診に行ったんだけど、 まず迎えにきてくれたタクシーの運転…

七夕の夜に

「うーん….」 「やっぱり曇ってて、お星様、見えないねー。」 皆、ちょっと残念そうに うんうん頷きます。 今日は七夕なのです。 「でも この雲の上は いつだって晴れて…

「今日、七月六日はサラダ記念日だよ!」「いいね の日だ!」こざる達、うんうん頷きます。「りこちゃんは"いいね"って よく言うよ!」「それを聴くと 嬉しくなるんだ。」"いいね"は、言う方も、聴く方も、嬉しい気持ちになります。「これからも りこちゃんの"いいね"を沢山 聴きたいな。」