江東社会的養育を考える会 コラム
養子縁組を考える

養子縁組を考える

江東社会的養育を考える会 コラム

家族構成のバランスが崩れることがあります。そんな時、外から子どもを迎え入れて家の形を整えることをしてきました。言葉としては「養子を取る」とも言い、幾つかのパターがあります。

養子パターン

・成年養子は、主に財産や家名を継ぐためと言われています。
・連れ子養子は、再婚相手の子どもと法的な親子関係を結ぶものです。
・親族の子を養子にする例としては、祖父が孫を、叔父が姪を養子にするなど。
・他人の子どもを養子にする場合
特別養子:家裁の審判が必要で、実親と関係が断絶します。(認容件数711件)
その他:家裁の許可が必要で、実親との関係は消えません。(許可件数677件)


▼成年養子と未成年養子の比率については、10年ほど前の法務省調査*があり、1対2の比率となっています。(戸籍への届け件数は72,732件)


▼社会的養育の分野では、他人の子どもとの養子縁組に関心が向きます。件数については家裁統計でみることができ、1,780件となっています。最近の動向としては、国の奨めもあり特別養子縁組が増えています。


養子受理対応件数


*令和元年度の司法統計、及び法務統計の数値を使っています。
*2010年1月から3月までの養子縁組届け全数調査(法務省民事局)

青葉紘宇
執筆者プロフィール


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江東社会的養育を考える会 コラム
社会的養護とは、親と暮らせない子どもに生活の場を保証する分野を指します。普通の生活の中では出会うことの少ない世界です。虐待によって親と一緒に暮せない場合や、経済的理由や家庭トラブルの事情で一緒の暮らしができないなど様々な背景を抱えている子どもが対象となります。