江東社会的養育を考える会 コラム
5万人から1千人へ

5万人から1千人へ

江東社会的養育を考える会 コラム


養子許可件数推移

戦後直後の養子縁組新規受理数が4万5千組あったのが、急速に減少し平成の時代には1千組(許可件数を見ると令和1年には677組)になってしまいました。 養子をもらって家を継ぐという考え方が,戦後もろくも崩れています。戦前までの家族観は何だったのだろうか、戦前までの家制度が廃止になり、新しい家族観に見事に変わってしまったのです。それまで無理をして家制度を守っていたのでしょうか。この急激な変化の評価については、判断を皆様にお任せしたいと思います。

この流れとは別に、期待しなかった妊娠によって生まれた子どもを保護する必要から、特別養子制度が昭和63年にスタートします。この制度は家庭裁判所の審判を経て養親の子どもとなるもので、パーマネンシーを大切にする考え方から、国も1千件を目標に掲げています。2019年度は普通養子677件まで減少したのに比べて、特別養子は717件に達しています。家制度は見事に廃れていきましたが、自分の子どもが欲しいという感情が根強いことが分かります。これは人の本性に基づく感情なのでしょうか。

【参考】 血縁関係にない子どもを普通養子に迎えるには、家庭裁判所の許可が必要です。
再婚相手に子どもいて親子関係を法的に結ぶには、養子縁組の届け出が必要ですが、区市の戸籍窓口に届ければ済みます。従って、この家裁の統計グラフは他人の子どもを縁組した件数になります。


青葉紘宇


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江東社会的養育を考える会 コラム
社会的養護とは、親と暮らせない子どもに生活の場を保証する分野を指します。普通の生活の中では出会うことの少ない世界です。虐待によって親と一緒に暮せない場合や、経済的理由や家庭トラブルの事情で一緒の暮らしができないなど様々な背景を抱えている子どもが対象となります。