「ソレル」ってなに?
見出し画像

「ソレル」ってなに?

那須高原こたろうファーム

毎日天気の話から始まってたのでは芸がない。
とはいえ、天気の話は世間話の導入としては定番で避けて通れない。なので、今日も天気の話から。

寒気が下ってくるとのことですが、今日あたりは日差しもやわらかく、立春らしいというか、春の足音がちょっとだけ聞こえてきたような気もします。
朝晩の冷え込みは相変わらずですが、日中の過ごしやすさは1ヶ月前とは比べ物になりません。しばらく寒いとはいいますが、なんかホッとします。

さてさて、タイトルの写真の葉っぱは見たことありますか?

もう答えは書いていますが(笑)
「ソレル」「オゼイユ」「酸い葉」「スカンポ」

写真は葉脈が赤く、「赤軸ソレル」「レッドソレル」などとも呼ばれます。

これ、まずお店では手に入れることはできない野菜。

写真のソレルは長さ5センチもないサイズ。
実はこれ、雑草の「ギシギシ」の親戚と言われ、日本でも野生化したものが道端に生えていたりします。だいたい全面緑の葉っぱでとがった形状のものです。ギシギシはソレルよりも横幅がある感じ。

もちろんこたろうファームでは栽培してますよ!

日本語で「酸い葉(すいば)」と言われるくらいなので、酸っぱい葉っぱです。シュウ酸を含み、食べすぎに注意な食べ物。食べすぎといっても、まず手に入らないし、手に入ったところでそんなにバクバク食べるものでもないです。
ちなみにシュウ酸は、ほうれん草、たけのこなどに多く含まれ、また紅茶やコーヒーにも含まれます。

この「ソレル」、フランスではよく使われる食材のようです。
使い方は、サンドイッチにはさんだり、スープにしたり、魚料理の付け合せにしたり。

写真のソレルは赤い葉脈がはいっているて小さめなので、料理の飾りに使われますね。お皿にのったメイン料理の周りをかこむソースの上にのっていたり。

家庭向きではなくレストラン向きの食材。
ご家庭で食べることはないかと思いますが、フレンチを食べに言ったときなど出会えるかもしれません。

こたろうファームでも個人のお客様向けに販売することはないですが、サラダセットに1枚程度入れたりして、通向けに商品考えようかと思ってます。

あれ?この葉っぱ酸っぱいなとレストランで食べて感じたらそれが「ソレル」かもしれません。そんなときはお店の人に聞いてみてくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こたろう社長もよろこんでます!
那須高原こたろうファーム
那須高原で30種類以上の夏のトマトをふくめ、年間100種類以上の高原野菜を栽培・販売しております。 箱を開けたときの驚き 料理をしているときのワクワク感 食卓に並んだときの感動 食べたときの美味しさ 那須高原の四季をお届けします!