新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

"今"を二人らしく意味づける

はじめに

こんにちは、CRAZY WEDDING プロデューサーの田口です。

自粛期間中も考え続けたことは、やっぱり結婚式のこと、
そして大好きなお客様のことです。

今、全国、世界中に新型コロナウイルスによって
結婚式を延期した方がいらっしゃると思います。

「もし、あなたが私のお客様だったら」

どんな言葉をかけようか。
どんな風に当日まで伴走しようか。

そんなことを考えながらこのnoteを書いています。

画像1

2年前に経験した結婚式の延期

2018年の7月にあるお客様と「結婚式の延期」を一緒に経験したことがあります。

そのお客様の結婚式会場は京都にある水族館。
水族館という大好きな場所で結婚式がしたいという夢を叶えること、
なかなか見せてこなかった本当の自分をさらけ出し人生を新たにスタートさせること、
それが2人がCRAZY WEDDINGの結婚式で実現したいことでした。

そんな最中で起きた西日本の記録的豪雨。

新幹線が動かず親族は来られない。
会場の水族館は避難警告区域で営業は難しい。
そんな状況に結婚式2日前に遭遇したのです。

正直な話し、お二人とものすごくじっくり話せたか?というとわかりません。最短でベストなジャッジをしようと二人と気持ちが通じていたように感じます。

***
新郎新婦:「やっぱり開催は難しいですかね・・?お金もかかりますよね?」
田口:「(カクカクシカジカ)・・・状況はこうです。もしやるとなれば、私たちは全力で開催に向けて動きます。でも、結婚式をつくるプロとして考えうるリスクはすべてお伝えします。その上でお二人が最高の笑顔で結婚式を迎えるにはどうしたらいいかを一緒に考えましょう。」
新郎新婦:「田口さんならどうしますか?」
田口:「私がお二人だったらきっと延期を決断していると思います。お二人がこの日に叶えたかったことを叶えるなら、呼びたい人が来れるときにしないと意味がないです。」
新郎新婦さん:「・・・・・延期しましょう !僕らは水族館という場所で、大切な人が揃っていないとやる意味がなくなってしまうので。日にちはもう少し悩ませてください。せっかくなら来れないと言っていた人が来れる日にしたいので。」と力強く決断をしてくださいました。
***

その4ヶ月後に延期した結婚式。
その日も天気は「大雨」の予報。
てるてる坊主をつくり、晴れることを全スタッフが願っていました。

そして当日は太陽の光が気持ちいいほどの晴天に恵まれました。

延期によって生まれた時間に意味を見出すこと

無事結婚式を終えて、お二人と突然生まれた結婚式までの4ヶ月間について振り返ったとき、
こんな言葉を伝えてくれました。

「この期間にはきっと意味があったんだと思う」

「延期の決断は苦しかったけど、
この人とならどんな事も越えていけると心から思えて結婚式を迎えられた」

「結婚式目前!という気持ちを2度も経験できた」

そして、

「あの日はきっとおばあちゃんが晴らして、祝福してくれたんだと思う」

実は、延期を決めた日から結婚式までの間に
新婦さんの大好きだったお祖母様は天国へと逝かれてしまいました。

画像2

普通なら味わうことのなかった4ヶ月間も、
二人は結婚式を延期することによって生まれた時間に意味を見出して進んでくださったんだと思います。

この期間やこの経験を共に体験させていただき、結婚式が無事に迎えられることがどれだけすごいことなのかを一緒に感じられた気がしています。

披露宴のプログラムの中に、
「普段見せたり伝えたりしていない自分の想いを伝えるプレゼンテーション」の時間を準備していました。
この内容を「せっかくならこの期間があったから伝えられることを届けたいね」と話し、想いを込めて準備してくださいました。

当日このコンテンツで、ずっと認めてほしかった父の前で自分の夢を力強く話す新郎。
普段は感情を表に出さない新婦が涙を流しながら、延期の決断とお祖母様とのお別れで感じたことを話してくださいました。

二人らしい意味のつくり方

このお二人から
「起きる出来事に2人で意味をつくり出すことが2人の仲をさらに強固にする」と教えてもらった私だから、みなさんにもこの時間やこの出来事に意味をつくってもらえたらと願っています。

今感じているいろんな想いを書き出してお互いにシェアしてみたり、
せっかく時間が出来たのならやってみたいことをポジティブに出してみたり、
この葛藤を伝える時間を作ってみたり、、、

みなさんなりにこの時間に意味をつくってみてほしいです。

まだまだ気持ちに整理が付くには時間がかかる方もいるかもしれません。
焦らずにゆっくりでいいと思います。

それでも起きたことの意味を自分なりに考え、答えを出して進んでいくから
人生は前に進んでいくのだと思います。

そしてその意味をつくる過程を、
私たちプロデューサーやプランナーも一緒に味わいたいと思っています。

意味をつくるシゴト

CRAZY WEDDINGで5年、プロデューサーとして
結婚式のプログラム一つ一つに「なぜ二人がこれをやるのか」意味をつくり
それを体感いただけるように結婚式の構成も考えてきました。
そんな私たちの仕事はまさに「意味をつくること」

私もこの期間が人生に与えてくれた意味を考え、つくりだし、
信じてくださるお客様にエネルギーとして注いでいきたいと思います。

画像3

***
もし悩む方がいらっしゃったら、ぜひこちらからDMしてください。
<私のInstagram>
https://www.instagram.com/konchamu/
こうしてこの記事を読んで下さったことも、2人の人生の大きな意味になるように微力ながら、お手伝いさせていただきます。

※水族館の結婚式
 詳細はこちらから https://www.youtube.com/watch?v=ei-dgyiK0g8


このnoteは #これから結婚式を迎えるあなたに届けたいnote
の1つとしてお届けしています。
こちらからユニークな仲間たちが書いた他記事もあるので是非^^
https://note.com/crazywedding/m/mab177c7c541e


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
130
広告代理店→ウエディングプロデューサーへ転職。 CRAZY WEDDINGのプロデューサーとして二人だからできる自由な結婚式を提案しています。 好きなもの:三代目JSB/ジャニーズも/要はイケメン好き/生きるようにドラマを観てる/少女漫画/ドラマ/青春