本当にサービスが使われる現場に行くの結構楽しい。
見出し画像

本当にサービスが使われる現場に行くの結構楽しい。

お蔵入り理由:単純に存在を忘れていた。普通にいい話だったので公開する。
※この記事は2018年に前職で美容予約サービスのデザイナーをしていた時に書いた記事です。

本文

デザイナーをしていると、普段はオフィスでPCに向かっている時間が多いと思い。
たまにそれに飽きて、営業担当の方について行き業務時間中に外に出ることがある。

時にはユーザーインタビュー、時にはカジュアルにお話をさせてもらうという形で今まで何人かの美容師さん、ネイリストさんたちに会った。

実際に美容師さんたちに会ってお話したり、美容室の空気感や働く様子を見ることで、自分が作っているサービスが使われるシーンを想像しやすくなった。
そして、私はこんな人たちを少しでも助けられるように minimo を作っているんぞ!と思えたことも良いな〜と思った。

想像力を働かせることもとても大事だけど、実際に見て話て感じることも時にはすごく重要。

この続きをみるには

この続き: 34文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

事情によりお蔵入りになったり、書き途中のまま放置しすぎた記事を下書きそのままで公開して供養するマガジン。

この記事が参加している募集

note新エディタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こにたん

サポートはこにたんの人生を豊かにするために使います。

カンパイ🍺
クラフトビールが好きなデザイナーです。noteとナイトオウルというビール量り売りの店で働いています。