見出し画像

4/26(月)21:30~Clubhouse緊急開催「こども庁ってどうなの!?民間目線で政治家にツッコむ」〜日本版DBS構想がついに総理に届いた今〜

 少子化や児童虐待など、各省庁にまたがる子ども施策を一本化する「こども庁」構想について本格的な議論が自民党内で絶賛盛り上がっています。

 これまでフローレンスが長年提言してきた、子どもたちを保育教育現場の性暴力から守る「日本版DBS制度」創設に向けた動きも、こども庁創設の動きと両輪で検討が進んでいます。この「日本版DBS制度」(教師や保育士等の過去のわいせつ行為を照会できる制度)の創設提言書が昨日、菅総理に提出されました!すごい。

 一方で、報道では省庁の主導権争いや組織論が目立っており、こども庁が担う役割については具体的な議論に至っていません。子どもの視点で実効性のある政策コンテンツをいかに機能させられるか、という観点で議論が深まっていってほしいわけです。

 そこで、こども庁創設を推進する山田太郎氏、自見はなこ氏、木村 弥生氏に「こども庁ってぶっちゃけどうよ!?」と民間目線で率直に聞いてみる会を、本日4月26日(月)21:30~にClubhouseで緊急開催します!

<開催概要>
日  時 2021年4月26日(月) 21:30~23:00 
場  所 オンライン(Clubhouse)
参 加 者 山田 太郎氏、自見 はなこ氏、木村 弥生氏、三浦 瑠麗氏、中室 牧子氏
ファシリテーター 認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎

▼参加はこちら! ※Clubhouseアカウントが必要です
https://www.joinclubhouse.com/event/MKlE858W

 民間からは国際政治学者の三浦瑠麗氏、「学力の経済学」で有名な経済学者の中室牧子氏をお招きし、山田太郎氏、自見はなこ氏、木村 弥生氏に民間目線の政策アイデアをぶつけてディスカッションできればと思いますので、よろしくお願いしますっ!

※「こども庁って何?おいしいの?」等、素朴な質問・疑問をみなさんに代わってぶつけますので、FacebookコメントやTwitterでぜひ質問やこども庁への感想をお寄せください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければTwitter等フォロー下さい!
7
NPO法人フローレンス代表理事。慶應SFC卒。05年〜訪問型病児保育を開始。08年Newsweek「世界を変える100人の社会起業家」に選出。10年から待機児童問題解決のため「おうち保育園」開始。後に小規模認可保育所として政策化。14年、障害児保育園ヘレンを開園。