見出し画像

Zoomでシームレスな場面転換は可能か?

例によって当日にならないと構成が決まらないという N 将棋教室からの依頼案件(笑)。もっとはやく企画に入り込んでおくべきだった・・と思っても、すでに放送時間が来ている。あとはぶっつけ本番である。

画面共有をキャプチャーしての YouTube 放送はすでに実績があるので問題ない。Zoom 特有の映像と音のずれ (音の方が遅いという業界の常識の逆をいく仕様)は致し方ないとして(本気出せばミリ秒単位で修正できますが)、映像と音声は 720p に限定されている今の YouTube Live においてはまずまずだろう。もちろん演者の機材の違いによる音質の違いはあるが、そこは視聴者に了承してもらうしかない。

今回の課題は、Zoom の Breakout Room はスムーズなのかどうか?とうことである。メイン Zoom の操作は私ではなかったため、自分自身では確認していなかった。これもやはり自分で事前に調査しておくべきだった。てっきり、ホストがボタン一つで全員を Breakout Room に入室させることができると思っていたが、そういう仕様ではなかった。(事前設定のモードを使えばできたかもしれないが、本番1時間前での最終打ち合わせでは確認できない)

スライド38

メインルームにて4面の指導対局の画面共有(北尾先生)から、別に作成した Breakout Room に遷移するには、いったん、メインルームを退出し、Breakout Room に入出しなければならず、各ユーザーが自分でクリックして入退室しなければならない。この時点で人の動作依存があるのでシームレスにはならない。

今回は、どちらのルームも YouTube Live にて放送するため、空白のタイミングが生じたときに、調整作業を見せないように”準備中画面”を投影しなければならない。画面構成の調整も1分ぐらいはかかる。

GWのアベマの特別放送で、談話から対局になるために準備として1分ほど準備画面が流れていたのを覚えているだろうか?たぶん、アベマさんも、毎回表示画面が違う Zoom の仕様に頭を悩ませて、あの準備時間を入れたのだろうと思う。事前設定でできるのであればやっているはずだからだ。

これを分かりつつ、今回は1度だけ使ってみました。
それ以降は映像画面の小ささは勘弁していただき、メインルームのみで放送した。

何事も経験である。
まだ技術的に解決していない点については、今後のレトロゲームレビュー放送などで検証放送を続けていきます。

(@totheworld)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとにゃー
7
Komado⭐︎Game Lab https://game.komado-lab.work ゲーム研究所です。賽は投げられた。
コメント (1)
リアルタイムで見ていました。このような大掛かりな対局(スタッフさんの準備)は他は真似できない素晴らしいライブだったと思いました。私も仕事で音に関しては気をつけている方なのですが、画像と音やラグなど相当下調べをしたんだろうなあと驚きながら見ていました。また今後も楽しみにしていますので、お身体には気をつけて頑張ってください。楽しい時間をありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。