【新・東カレデート】結婚相談所(naco-do)編、スタートします。

夏緒

アプリ婚活を始めて、もうすぐ2年になろうとしている。

利用したアプリは

・東カレデート

・dine

・omiai

・with

ざっくりまとめると…


<デート率NO.1アプリ>

・dine(アプリの性質上、これはもうダントツ。でも付き合った人ひとりもいない)

<交際確率が高いアプリ>

・omiai、with同率(詐欺案件もありましたが会員の感度が高いアプリ。ややomiaiに軍配かな)

※詐欺案件について知りたい方はコチラからどーぞ!!結婚適齢期の女を食い物にする男と戦ったハナシ。

ちなみに東カレデートは個人的に全く交際に発展しないアプリ。確かに他のアプリよりも断然イケてる男が多いし、デートもよさげなメシ屋に連れて行ってもらえるけど…なんだろね。女性からしたらハイスペ多いし男性からしたら美女が多い故、次から次へと目移り&高望みして、結局本当に自分と合う人ときちんとマッチできてないような気がする。

2年近くアプリ婚活をし、それでも結果に至らなかったのは、アプリのメリットでもありデメリットである以下2つの要因も大きいからかな、と思ってる。

①出会いがチープ

②結論を急がなくていい(どこまでも自由)


まず、①ね。

①出会いがチープ

⇒いいねのクリックひとつで人と繋がれる分、出会いは使い捨てのごとく繰り返すことができる。女性は常にいろんな人からいいねをもらってるし、誰かとデートしている裏では、メッセージのやりとりをしているほかの男性が複数いるのは当たり前。男性も男性で、「いいね」の散弾銃を繰り出せば誰かと繋がれる。普段出会えない異性を視界に入れるのが簡単な世界。自分を多少でも気にしてくれる相手を簡単に釣れるフィールドが、アプリ。だから、少しでも違和感があればお互い「次」にいけばいい。出会いの数が増える分、ひとつひとつの出会いの価値は下がりがち。

②結論を急がなくていい(どこまでも自由)

⇒どこかでは恋愛につながる出会いを求めているけど、それを前面に出すことに抵抗がある人もいれば、出会いがあってもそこからどう進めていいかわからない人も多い。単純にごはん友達が欲しい人もいれば真剣に婚活してる人もいる。アプリが提供する出会いに対して求めているものが人それぞれ微妙にバラつきがあるんですよね。さらに、①のように出会いの母数が多いと出会いに対して結論を急がず「ひとまず保留」みたいなスタンスをとる人も多い。その結果結局、ちょっといい仲までいっても付き合うまで至らなかった・デートは繰り返してるけど恋人はできていない人が大多数なのではないかと思っています。


それと、以前の記事(Twitterかな)でも書いたけど

恋愛するために出会おうとすると、無意識に自分のハードルを上げてしまって、相手の事をマイナス採点しがち

ってのもあるかなと。

本来ならば、まずは自分の生活の中で自然と出会った人の中から特別な感情が芽生えて、それから・・・という流れなのに

アプリの性質上、プロフや短い間のメッセージのやりとりで相手の「におい」しか感じられないうちに「恋愛できるかどうか」みたいな前提でデートしちゃうのがアカンねん~~~。

まぁ、そんな出会いを繰り返してわたくしもアポは70名以上。

どんなに言い訳しようがそれでも結果が出ていないなら、やり方を変えるしかない。

結婚したいなら、結婚したい人が集まってる場所に行くしかないダロ!!


そうだ、京都じゃなくて結婚相談所にいこう。

と決意した2020年のとある日。


結婚相談所に何となく抵抗がある人もいると思うの。金額が高いとか、ショボくれた年配しかいないんじゃないかとか。

わかる。

私もそう思ってた。

ましてやさ、アプリ無課金でいいねもらってそこそこのハイスペとデートできてる現状があると、「わざわざこっちがお金払って出会いとか、、なんかね~~~。」って思うのも、わかる。

けど、さっきの話に戻り結果が出ていないならーーーーーーー。

行ってみて文句言うのも、アリじゃない?

っていうか、結婚したいのに結婚したい人が確実に集まってる場所を避ける意味!????

と、思い

この度登録しました。

このマガジンを読んでくださってる人は記憶にあるかもですが、以前記事にしたここに入会しました。

ネット簡潔の結婚相談所で、私も有料会員として登録しています。学歴証明書、独身証明書、年収証明書などもろもろ必要書類も提出しました。

月額は9,800円なんだけど、naco-do内の会員の紹介、マッチング他JBA、良縁ネット、コネクトシップなど全国数万人の会員さんと繋がるシステムも利用できる。

出会い目的のワインパーティーとかに月1回以上行ってる人なら、こっちを登録してみるのも全然ありな金額だと思います。

(ちなみに結婚相談所のシステム上、お見合い⇒仮交際⇒本交際⇒成婚とステップがあるため、2か月目から半年プラン41,880円(月額6,980円)のプランで継続しました)

naco-doの場合、月1回までのお見合いは無料なんだけど2件目以降は1件1000円。所属の相談所によってはお見合い費用1回5,000円ってところもあるみたいだから、リーズナブルなんじゃないかな。

自分の担当になってくれる仲人さんとはZOOMの面談あり、その他気になることがあれば随時チャットやLINEで相談できるシステム。成婚料はなし。

登録して1ヶ月で30件以上のお見合いオファーを頂き、(多いのか少ないのかわかりませんが…)現時点で数名、お見合いして仮交際中の方もいます。

登録3ヶ月の今も、週に3件程度はオファーあり〼!

そんな私の結婚相談所naco-do編、次回からスタートしていきますのでよろしくどうぞ!!


あんまりつぶやいてないけど更新情報とか発信してるよ。よかったらフォローミー。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
月3回程度更新しています。 2020年10月現在アプリの出会いは60人以上、140記事突破です。 買い切りで過去記事も今後の更新も全部読めます。 価格は、私に金蔵あたりで酒を奢ってアプリの経験談をあらいざらい聞いてきたくらいの感覚で設定しています。 いい恋しよう、東カレデート。

30代中盤のアラサーがアッパー層専用デーティングアプリ、東カレデートで婚活した記録をまとめています。後半はwithやomiai、dineの…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
夏緒

お酒を奢ったつもりでぽちっとサポートお願いします^^カルディにワイン買いに行きます^^