安藤こうじ/SO-TA代表(カプセルトイメーカー)
《第13話》【 花房さくらのくださいの像 】
見出し画像

《第13話》【 花房さくらのくださいの像 】

安藤こうじ/SO-TA代表(カプセルトイメーカー)

僕が初めて、木彫作家の「花房さくら」さんを意識したのは2021年9月発売の「月刊アートコレクターズ」に掲載されていた「はしもとみお」さんとの対談記事でした。
それまでもツイッターのタイムラインで「ねこのソフトクリーム」の写真が流れてきたりしていたのを見て「この作品、ガチャにしたいなあ」とお見受けしていたのですが、作品と作者「花房さくら」さんがつながったのがその記事でした。

ねこのソフトクリーム / 花房さくら作


花房さんの作品にはいつも情景を感じます。
ねこたちに自分を投影させて、情景と共に花房さんの作った世界に入り込んでは、ワクワクやドキドキのお裾分けをもらっています。
僕たちの日常にありそうなんだけど、ひとつボタンを掛け違えたパラレルな世界観。ショーン・タンの作品を見たときに感じたそれと似ているなと思いました。

淡路島の砂浜とねこたち / 花房さくら作


なんとしても花房さんの作品をカプセルトイ化したくて、企画会議で提案し、満場一致でオファーすることが決まりました。
最近、作家さんとのやり取りはスタッフに任せてしまって、めっきり現場仕事が少なくなったのですが、この作品に対する自分の想いを少しでも商品に汲み込みたくて、今回は作家さんとのやり取りを僕が担当させて頂くことにしました。

【 くださいの像 】木彫原型 / 花房さくら作



 そんな【 花房さくらのくださいの像 】こだわりポイントです。

《 彫り起こし原型 》
花房さんにカプセルトイだけの為に商品と同サイズに原型を彫って頂いています。その原型を3Dスキャンして金型を起こしました。
量産品にもダイレクトな彫刻の彫り跡がそのまま再現されます。 

「お皿のキジトラ」を3Dスキャン中
「お皿のキジトラ」のスキャンデータ


《 彩色 》

3Dプリント出力品を花房さんに彩色して頂きました。
合成樹脂でできた成型品に、どうやって木彫につけたような彩色を再現するか? 現在頭を悩めているところです。
1個2個の少量で再現するのは容易ですが、同じ品質で大量に生産するのがとても難しいのです。

花房さんに彩色して頂いたデコレーションマスター (3Dプリント出力品 )


初稿のサンプルが工場から上がってきたところですが、全く僕たちが納得いく仕様に仕上がっていませんでした。
ここから修正を何度も何度も繰り返して精度を上げていきます。
いつも工場から嫌がられるところです(笑)

デザインフェスタで展示した木彫原型と無彩色出力品


《 DP/商品案内冊子 》

エンドユーザーさんが購入を決断するのに最初に目にするモノなので、制作を担当したソータの2Dデザイナー・酒井さんも、花房さんの監修も力が入りました。

最初は室内背景に商品を合成していました。
外で自然光の中で撮った方が作品の世界観に近いとの花房さんのご指摘により、晴れる日まで待って原宿の東郷神社で撮影しました。
花房さんも何度も修正指示するのしんどいだろうなあと申し訳ない気持ちになりましたが、その修正指示がなければ、またその修正指示に応えなければ、ここまでいいDPにはならなかったと思います。 

ポイント
・ねこが僕たちを見つめる目線の高さ
・青々とした自然の背景
・ねこたちの影のつき方

DP/商品案内冊子・カプセルトイ版


DP/商品案内冊子・ブラインドボックス版


 
彫刻の写真てなんとなくですがスタジオやギャラリーでしっかりライトアップされて撮影されているものを見ているイメージがあります。

花房さんがSNSで上げる彫刻写真には、いつも自然の風景の中でストーリーがあり、フォロワーさんはその物語に共感し癒やされます。

今回、カプセルトイ【 花房さくらのくださいの像 】を使って、フォロワーさんたちが思い思いストーリーをご自身で撮影され、表現されると思います。
色んな場所に現れるであろうねこたちを、SNSで見ることがとても楽しみです。

「花房さくら」さんが毎日SNSでアップされている事の「追体験」をファンの皆さんと共有できたらいいなあと思っています。

今年の酷暑を2匹で話している気がします


 木彫作家・田島享央己さんの作品をカプセルトイ化した時にも感じたことですが、アートの世界で1点モノで勝負している作家さんのブランディングの邪魔をしないかという心配がいつもつきまといます。

カプセルトイ化することで花房さんを知らなかった人達に興味を持ってもらうきっかけになり、カプセルトイ化することで作家さんに作ってよかったと思ってもらえるような商品にできればと思っています。 

アート作品の量産化、僕の永遠のテーマです。


そのうち花房さんが作品を作っている淡路島にお邪魔して、
このねこたちと写真撮りたい。 
そのためにも第2弾、第3弾やりたいです!絶対に!! 

淡路島と言えば玉ねぎ!


2022年  7月 2日

SO-TA / ソータ     安藤 こうじ(@kojiando01


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
安藤こうじ/SO-TA代表(カプセルトイメーカー)
カプセルトイやアミューズメント景品を作っている会社【SO-TA/ソータ】の代表です 作家さんとの関係/商品を作るまでのストーリー/モノを作るということ/モノを作る会社を作ること/SO-TAのこと/フィギュアを含む造形物の未来のこと/を共有できればと思います