小池菜摘

岐阜県中津川市の写真家百姓で一児の母。生命活動を全肯定する系34歳です。 Koike lab. -creative office-という仕事と暮らしがいっしょくたの生活をしています。

ある日気づいてしまったこと

2月が終わる。 2月といえば、芋農家にとってもカメラマンにとっても比較的暇な時期で、粛々と芋を細々とした需要に応じて出すだけの日々だったはず。確定申告だってあるか…

死を抱えながら盲信して、いい。

1986年、昭和の終わりにうまれたわたしが信じられることなんて、もうそう残ってはいない。 景気はよくなるか?否。 日本人は生きやすくなるか?否。 少子高齢化は食い止め…

traveling-非日常の完了。

人生の交わることのないひとの、 ひとりという姿。 昨日と同じ席で、同じ時間に だいたいおなじ、あさごはんを、たべる 憧れのハーレーはここからだすのもたいへんだった…

traveling-目出度い

道後温泉、がわたしはすきだ。 ムスメが一歳になる手前、家族で四国一周旅行をした。 色々野宿をして、唯一この地で宿をとった。 奥道後。 道後温泉本館は、朝6時から入…

traveling-こころの恩人に逢いにいく

とおいむかしに、彼女がいった。 小池さんはきっと、そのままがいいです。 たくさんのうまくいかないことや納得いかないことを片っ端から殴りたおして泣き叫ぶようなそん…

おかあさんがしごとをするということ。

はろーはろー。 岐阜県中津川市で「いのちと、写真」を3歳のムスメと営む小池菜摘です。 大阪でうまれ、転勤族の家庭に育ち、東日本大震災をきっかけに証券会社に絶望して…