見出し画像

アパレルブランドが考える「オシャレな人」ってどんな人?


みなさん、こんにちは。KOH.styleです。
あら。。。KOH.styleをご存知でない?
ではちょっとご挨拶。

KOH.styleは2020年に立ち上がったアパレルブランドです。

チーフデザイナーの高(こう)さんを筆頭に
デザイナー3人で切磋琢磨しながら

他ではちょ〜っと手にはいらないような個性的で。
でもとってもおしゃれで可愛い、そんな服をつくっています。

袖を通すと、なんだか自信が持てるような。
身につけると自分らしい着こなし方のアイディアがたくさん沸くような。
街に出ると「どう?今日のわたし、ステキでしょ?」って言っちゃいたくなるような。
そういう服って実はあるようでなかったりしません?

画像1

KOH.syleのお洋服は一つひとつにドラマを感じる服だから
もちろん、そのまま着ても良いのだけど

ちょっと前ボタンを開けたり、開けなかったり。
前と後ろを反対にして着たり、着なかったり。
工夫をこらして自分流にアレンジする楽しさも隠されているんですよ。

ふふふ、ステキでしょう?着てみたくなるでしょう?
あ、いえいえ。そんな…宣伝なんかじゃあありませんよ。

だからまだ帰らないで。ねっ?
今から大事だなーって思ってること伝えたいから。

画像2


|自分らしく、着こなしを楽しむ。

よくありがちな言葉ですけど、でもやっぱり原点。
KOH.styleはこの「自分らしさ」っていうのを大事にしているんです。

そして自分らしさを大事にしている人のことを
KOH.styleはおしゃれな人だなぁって思うのです。

私たちのつくる服が正解じゃない。
世間一般で良いと思われる着こなしが正解じゃない。

何と何を組み合わせて、どういう色と色を合わせて。
それは着る人の自由で、すでに特別な個性。

たとえ友達のあの子や恋人のあの人に
ぜんっぜん、わかってもらえなくたって。
いいじゃないの、別に。わたしが好きなんだもの。

だってそうなんです。
いま私たちが見ている流行の服も、
どこかのハイブランドが生み出した
新しいスタイルがキッカケになったりしているんですよ。

他にはないそのブランドらしさが斬新で、ステキで。
だからみんなが真似して、それが流行になるっていうだけ。

おしゃれな人は、たくさんあるお洋服のなかから
わたしがステキ!と思える服や着こなしを
いつも追求しているんだと思います。

画像3

|「自分らしさ」をKOH. styleで伝えたい

うちの高さんもそう。

中国生まれ、中国育ちの高さんは
留学当時、日本のファッションブランドの多くが
細身の人向けばかりなことに驚いたんですって。

ふくよかな人向けの服があっても
な〜んか全体的にゆったりしてばっか。

どうして体型で選ぶ服が限られるの?
体型だけじゃない。性別で着る服が制限されているし
日本人はこういうファッション、外国人はこういうファッションって
どこか誰もが目には見えないボーダーラインの枠のなかで
おしゃれの正解を見つけている気がする。

そう思った高さんは体型・年齢・性別・国籍なんて関係のない
誰もが、ボーダーレスにファッションを楽しめるような
そんな服がつくりたいって思ったんです。


そうしてKOH.styleが生まれたんですよ。

KOH.styleらしさはあっても
それを着てくれる人に押しつけることなく。

KOH.styleの服で自分らしさを
楽しんでつくり出して欲しいなぁって。

じゃあ、その自分らしさってなんなの?って。
個性ってどういうこと?って。

実は読んでくれているそこのあなたが
「自分らしさ」を知るきっかけになるようなことを
お伝えできたらと思って、noteをはじめてみました。

いま私たちが思う、お洋服のあれこれ。
自分らしさをファッションで表現するための考えかたや、ちょっとした豆知識をこれからもお伝えできたらなと思っています。

ぜひ、よかったら今後もお付き合いくださいね。
ではではまたお会いしましょう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
32
ファッションのあれこれについての読み物コンテンツを更新していきます。 -「自分らしさを表現する」すべての人に- Wear me, be positive. Wear me, wear that beautiful smile. https://koh.style/