見出し画像

コロナ禍のいま、責任を取れない大人が増えている

新コロがやってきて、責任って何だろうってすごく思うようになった。具体的に言うと、責任って誰が取るものだっけ?って話。

ごく単純な話で、「自己責任」ってのがものすごく増えてる気がするんですよ。

個人の時代、個人の時代と言われてきましたけれども、あらゆる責任まで個人が負う時代だとは思わなかったなぁ。

政府も一部の地方行政・企業も〇〇も〇〇もみーんな責任を回避したがるのはどうしてでしょうね。

「向こうがこう言ってるので我々としては……」「〇〇からお願いされてる以上は……」

結局誰かに責任を押し付けたくて、最終的なしわ寄せは全部個人にくる。

非常に恐ろしい話です。

いい大人は、ていうか、立場のある人ほど。自分の立場を失いたくなくて、責任の所在を下に下に押し付ける。

コロナ禍の今、マジでソレを実感しました。

例えば今の政府、「第2波」と呼ばれる今の状況に対して、なんもアクション起こしてないですよね?

各々が感染防止対策を実践してください、の一点張りで。

これはつまり、何かいまさら対策に打って出たところで、批判を受けるに決まってるんだから何もしないでおこうってことなんじゃないか。

政府だってそうなんだから、市中のエライ人なんかもっと責任取りたくないわけです。

たとえば、感染者増えてきたからテレワークに切り替えようねって動き、今はそんなに盛んじゃありません。これはおそらく、緊急事態宣言っていう言い訳がないからです。緊急事態宣言に責任を押し付けられないから、切り替えができない。

大学もそうよね。秋冬は対面授業を一部再開とか言ってるけど、それで感染拡大したらどうすんのよ。対面授業やってくれるのは嬉しいよ。でも、もしも感染者が複数出たときにどうするか、どう責任を取るかが全く示されてません。楽しみだけど、怖いよ。

やめようぜ、もうそういうやつ。失敗したら俺が責任取って謝る。そしてなんとかする。今のエライ人に必要なのは、そういうシンプルなメンタリティじゃないかと。

個人にしわ寄せが行くの、やだな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただきましたご支援は、取材費・運営費に活用させていただきます!

(o・ω・o)
2
古墳が大好きすぎて山形県から大阪の大学に進学した大学4年生22歳。専門は考古学(まだまだ素人)、趣味は街歩き民俗歴史写真電車料理仮面ライダーその他諸々。運営サイト→https://ourlocal-labo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。