こんなに必要とされたことはなかった

里帰り先で育児をしているとき、私よりも母の方が当たり前に抱っこもあやし方も上手で、私はひそかに自信をなくした。

ふわっとした母の腕と違って、私の骨ばった腕では赤ちゃんは居心地悪そうに思えて、何度も抱き直した。

赤ちゃんが起きないように、そっとベットに置くのが難しくて、いつも失敗するから寝かしつけは母に頼んだ。

あるとき、赤ちゃんをいつものように母にあやしてもらっても、どうしても泣き止まない。
母は、「お母さんって呼んでるよ」と私に赤ちゃんを抱かせようとする。

まさかぁ、と私は立ち上がり、半笑いで抱っこしてみる。
ちっとも期待していなかった。母で泣き止まない赤ちゃんを、自分があやせるなんて思えない。

おそるおそる抱くと、赤ちゃんはぴたりと泣き止んだ。

あ、私必要とされてるんだ。

あんなになんでもできて経験豊富な母よりも、
この不器用で未熟な私がいいって、赤ちゃんは言ってくれているんだ。

こんなに必要とされたことは今までなかった。

学校でもサークルでも職場でも、私はそういう人になれなかった。

友達には私の他にも仲良い友達がいるし、サークルの役割は一年経てば交代するし、仕事はマニュアルがあれば誰にでもできること。

私の代わりはどこにでもいて、凡人の私には隣の誰かもできるようなことしかできない。

世の中のたいていのことがそうなのだと思う。

でも子どもは違った。
私でないとだめなのだ。

眠いとき、どこか痛いとき、安心したいとき。
そのときの抱っこはもう他の誰かではだめで、私でないとだめ。

それは、とてもプレッシャーなことだって初めて気づいた。

私は今はじめて、誰かにこんなにも必要とされている。

#エッセイ #育児

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしも「いいな」と思われたら、ぜひサポートお願いします♩ZINE作成の資金にさせていただきます。

ありがとうございます!いい一日になりますように
31
エッセイや小説を書いています。20-30代女性向け、育児のこと、日々のこと、思ったこと、思い出したこと。紅茶とファンタジーと星占いが好き。

こちらでもピックアップされています

おすすめnote ~タイムラインから~
おすすめnote ~タイムラインから~
  • 755本

もう一度読みたい記事、応援したい記事を収録させて頂いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。